本と旅とそれから わたしはクラゲ

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

わたしはクラゲ



ちょっと前になりますが、姪っ子MMと水族館に行きました。
池袋のサンシャイン国際水族館。
姪っ子が水族館好きなので、たまに付き合って一緒に行くのですが、この水族館は彼女の方が詳しくて、私は案内「される」始末。
――そういえば、「ゴールデンスランバー」に出てくる5歳の女の子も、ずい分とおしゃまさんだったなぁ。昨今のチビっこ女児はあなどれん。

入口近くの大きな水槽では、ちょうど「エサやりショー」が始まるところでした。
水槽に係の人が入ってエサをやる様子を前に、ガイドさんがあれこれ説明してくれます。

ひときわ目をひいた、岩の穴から顔だけのぞかせているサカナ(▼)。

(ちょっとキモチワルイので小さめに)

姪っ子と二人、人目もはばからずしゃがみこんで熱心に見ていたら(んで写真撮っていたら)、
ガイドさんが
「すでに注目している方もおられるようですが、それでは、穴から出てもらいましょう!」
というわけで無理やり穴から出してみれば・・・

んげげっ、なななな、長かった~~!
潜っている女の人の身長と同じくらいの長さありましたよ。
「なんとかウツボ」って名前だったな・・・。

「キモチワルイ~っ!」と思ったけれど、すぐにまた元の穴に戻ってしまいました。
案外平和主義なのかなぁ。まあ、気持ち悪いってのも、ウツボに失礼でしょうか・・・。
(でもやっぱり、ブログUPするために、大きいサイズの写真をずっと眺めていたら気持ち悪くなりそうでした。)


いろいろいました。ラッコとかアシカとかカメとかカエルとか。
私が気に入ったのはクラゲですよ。

(TOPと▲は、クリックでもうひと回り大きくなります)


せっかちな姪っ子がいなかったら、もっとぼーーーっとずっと眺めていたかったです。
・・・ドリトル先生はクラゲとも喋れたんだろうか。喋れたんだろうな・・・。
クラゲの人生観っていったい・・・。

首都圏でも雪の降った日のことでございました。

サンシャイン国際水族館HPはコチラ
関連記事
tag: 
  1. 2008/02/05(火) 21:42:00|
  2. 全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/606-469984af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

Mikiさん、ありがとう。
ウツボの写真に大笑いしてしまいました。
顔は怖いのにどこかマヌケで、しかもデカイのですねー。
いいなー、見てみたいなぁ。

クラゲも、こんな風に展示しているのを見ると
ホント、癒されますよねー。
ひらひらと、主張がないようであるようで
脱力系キャラというのでしょうか。
それにしてもウツボ、可笑しいわ。ツボったわ。
  1. 2008/02/05(火) 23:25:00 |
  2. URL |
  3. chiyomi #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

クラゲの写真は幻想的ですね。
ひんやりとした音のない世界で漂うクラゲを見るとずーっと眺めていたい気分になりそうですね。
ドリトル先生としゃべれたとは思いますが案外「ここせまいねん。仲間もぎょうさんおるし」なんて文句を言ってそう^^;(エセ関西弁をしゃべりそうなイメージです)
サンシャインは昔行ったことがあるのですが、なんかその時すごい人で
めちゃ待たされた記憶がありますが今はそんなことないのかなあ?

うつぼのどアップは確かにちょっと…でも彼はウツボ界では男前なのかもですよ~(笑)
  1. 2008/02/05(火) 23:30:00 |
  2. URL |
  3. mattya-genmaitya #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

その昔、中・高校時代には、図書委員会の他に生物部もやっていました。私はハムスター班に忠実でしたが、部員の中にはクラゲに愛着を抱いて、クラゲ班をつくちゃった人たちもいましたねぇ。学校が休みになると、ハムスターは班員の家で預かったのですが、クラゲはどうしていたのでしょうか。

と思い出してみたり、ああ、クラゲの酢の物食べたい、と思ってみたり。頭の中は煩悩だらけ。
  1. 2008/02/05(火) 23:44:00 |
  2. URL |
  3. 都子 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

うひゃひゃ~。
うつぼくん、おもしろすぎる!
笑わせていただきました。
これはいい!!
きゃはっ。

しんみりとしたお葬式の会場とかにうつぼの入った水槽を置くと、いっきに明るくなれそうな気がします。

くらげは骨のないわりに、なかなかお洒落な存在感ですね。
  1. 2008/02/06(水) 00:30:00 |
  2. URL |
  3. よしりん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈chiyomiさん、
え~、笑えました?よかったです(^^)
正面から見たのと、側面から見たのとであまりにも違いのある生物でたまげてしまいました。なんちゃらウツボ。

クラゲ、ほんとに「脱力系」ですよねぇ。
力抜けてて・・・リラックスしてるというか。
数年前に、越前クラゲでしたっけ、ものすごく大きなクラゲが大発生して、漁業にダメージ、とかいうのありましたでしょ。
あの時は、TVの映像見て「キモチワルイ~!大迷惑ー!全部日干しにしたれっ!」と、凶暴なことを考えておりましたが、今回は、「クラゲさんにはクラゲさんの人生が・・・(正確には「人」生ではありませんが)」などとしみじみ見ておりました。
クラゲに同調しているようでは、ますます定見のない人間になりそうですが。
  1. 2008/02/06(水) 22:09:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

?mattyaさん、
幻想的・・・そうなんです、そうも言えるんです、クラゲ。

>ひんやりとした音のない世界で漂うクラゲ
一瞬、「妖怪人間ベム」と紙一重な感じしましたが。
その一方で、じーっと見たあげく「DoCoMoダケに似ちょる・・・」と思ったりもしましたが。
元気一杯が似合いそうな大阪弁を、病弱っぽい声音で喋りそうです、このヒトたち。

サンシャイン、空き空きでしたよ、この時は。
雪の降る日にわざわざ寒そうな水族館行かないんでしょうか。
でも、水槽の中は熱帯の海になってるはずですよね。

ウツボ界では男前・・・もしかして、ウツボ界では可憐な乙女って可能性も・・・?
  1. 2008/02/06(水) 22:15:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈都子さん、
そういえば、生物部っていえばハムスターでしたよね。
でも、ハムスターと一緒にどういう部活動をされていたんですか?
ミニミニ・サーカスの訓練に明け暮れていた・・・はずはないですものねぇ。

へぇぇっ、クラゲ班なんてあったんですか~!
それは一体・・・クラゲと一緒にどういう・・・?
やっぱり、生態観察ですか?
クラゲって「固体識別」とかできんでしょうか?
「今日は○○は元気がない」とか・・・。クラゲに名前付けるって、考えにくいですね。
酢の物やら和え物の方が、やっぱり自然な思考の向かう方向ですよねぇ。
  1. 2008/02/06(水) 22:20:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈よしりんさん、
実はウツボくん、迷惑に思ってるかもしれないですよね(ちなみに、ウツボ「ちゃん」である可能性も、やはり排除できませんね)。
が、まあ、労せずしてエサもらえるお気楽な境遇の代償として、たまに穴から出てきてもらおうかぃ、ですね。

骨がなければ、骨折も脱臼もないし、肩凝りもないことでしょう。
(あ、そもそも肩がないか。)
でも、クラゲにはクラゲなりの苦労もあるんだろうな、と、こればかりは「真面目に!」考えを巡らすのでした。
  1. 2008/02/06(水) 22:25:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

くらげのくらげなりの苦労。
それに思いを馳せるMikiさん。
物語ができそうな予感。
  1. 2008/02/07(木) 00:03:00 |
  2. URL |
  3. よしりん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈よしりんさん、
むふふ。
「くらげのくらげなりのくろう」・・・読んでてくらくらきそうです。
クラゲと「ものぐさ」の交流の物語――シュールだっ!
  1. 2008/02/07(木) 23:47:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。