本と旅とそれから 王女グリンダ(上)(下)/茅田砂胡

本と旅とそれから

王女グリンダ(上)(下)/茅田砂胡

図書館で、返却本の棚に置いてあるのが目に止まり借りて来ました。
昨年読んだ「デルフィニア戦記」の「プレ・ストーリー」。

――プレ・ストーリーって何かな?


王女グリンダ(上)(下)/茅田砂胡
              (中公文庫)


「デルフィニア戦記」は全18巻の長編で、流浪の王と不思議な少女グリンダが出会うところから物語が始まります。
(►「デルフィニア戦記」感想文はコチラ。)

この「王女グリンダ」では、その長編の一部、上巻では王女となったグリンダが自分に差し向けられた刺客の少年を友にしてしまうくだりが、下巻では彼女を嫁にくれと申し入れてきた某国の王子とその部下の戦士との騒動が描かれています。

じゃあ、「プレ」じゃなくて、真ん中の一部を取ってるんだから「ミドル」じゃないの?
な~んて思うのですが、これ、「デルフィニア」が書き始められる前にすでに世に出ていた作品なのだそうです。で、さらに続きを出す前にその出版社が倒産し、後に中央公論から改めて出すことになった際に、物語そもそもの発端から書き起こすことになり、「デルフィニア戦記」が出来上がった、と。だから、「プレ」なのね。

作者・茅田さんは、結局「デルフィニア」とこの「王女グリンダ」はパコっとはめ込む関係にはならなかったため、別物語と思って下さいと書かれているのですが、そうは言われてもこりゃ同じ物語ですよ~。主要登場人物がほとんど同じだし。
――ナシアスが全然出て来ないのがちょっともの足りないんですけどね。

それにしても、「王女」の一部登場人物が「デルフィニア」には登場しないその他小さなくい違いはあるものの、大きな違和感はなく、最初私は、「デルフィニア」が好評だったので、その中の人気の部分を取り出してさらに詳しく書いたものかと思いました。

でも、順番は逆だったわけで・・・。
「王女」を書く段階で、茅田さんの頭の中には「デルフィニア」がすでに出来上がっていたんですねえ。

これはすごいと思いました。
例えばグイン・サーガなどは、作者によるあとがきに度々「ストーリー展開は登場人物次第で、私はそれを書いているだけ。今後どうなっていくのか私もまだわかりません」といった主旨のことが書かれています。

そういうスタイルの作家さんや物語もあるのだとは思いますが、私は好きじゃないのです。
確か田中芳樹さんも、物語を書き始める時は、その結末をはっきり思い描いている、というようなことを書いておられたと思います。
そうあってこそ、メリハリのある足腰のしっかりした(という表現もわけわかりませんが)「長編」が成立するのだと思うのですね。

作品の内容は、「デルフィニア」を楽しいと思った人にはまず問題なく楽しめるものだと思いますが、内容以上に、茅田さんの執筆姿勢に感心しちゃいました。


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 茅田砂胡 
  1. 2008/02/29(金) 20:04:00|
  2. 2008
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/624-ee530b9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

うう…まだ読めてないんですよね~。
王女グリンダはおっしゃるようにデルフィニアの前に書かれたものですね。
私はデルフィニアを読んで初めて存在を知ったわけですが
こちらもぜひ読んでみたいとは思ってます。
茅田さんはあとがきも楽しいかたで出版の担当者とのやりとりなんかもいつも笑わせてもらってました。
サブタイトルのつけかたなんかも漫才のようなやりとりがあってようやくまともなものになるみたいですね^^;
物語を進めるのは遅い方のようですがストーリーはぶれずに進むようで
私もそういう姿勢はとても素晴らしいと思います。
ああ、私も読書したいなあ・・・。
  1. 2008/03/01(土) 22:23:00 |
  2. URL |
  3. mattya-genmaitya #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈mattyaさん、
寝るよりも本を読むのが好きとおっしゃるmattyaさんが読書する時間がないとは、とってもお忙しいんでしょうね~・・・大変ですね。

この本、内容的にはホントに「デルフィニア」そのものです。
多分、時間的にそれなりの隔たりがあるのだろうと思うのですが、それもほとんど感じさせません。
もう、ウォルもリィもバルロも、しっかり出来上がってます。
もしかすると、イヴンが、「デルフィニア」本編よりちょっとだけ色男かも(じゃないかも)?

「デルフィニア」についての感想は以前書いた通りで、マンガのノリだなという感じはこの「王女」を読んでも変わらないのですが、でも、楽しかったです。
(楽しかったという割に、常に何だかケチをつけているようで、毎度なんだか申し訳ないというか、自分でもおさまりが悪いんですが・・・^^;
これって、我ながらなんとかならないもんでしょうか・・・。)
  1. 2008/03/02(日) 21:21:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する