本と旅とそれから 十二国記、しゃばけ and more ~ yom yom vol.6

本と旅とそれから

十二国記、しゃばけ and more ~ yom yom vol.6

本屋の店頭で、興奮して血圧が上がりました(多分)・・・。
実に6年半ぶりだとか――「十二国記」新作、「丕緒(ひしょ)の鳥」。
そして、「しゃばけ」新作「ひなのちよがみ」。


yom yom vol.6 (新潮社)

十二国記の新作が出るということで、新潮社に問合せが殺到した、という話ですが、みんな情報早いのですねぇ。
vol.6だからこれで6冊目なのに、私は今回店頭で見て初めて存在を知りました、この雑誌(季刊)。

短編、エッセイ、インタビューなどが満載なのですが、今号の特集は「ファンタジー小説の愉しみ」。

ズラリと並んだ名前がすごい。
小野不由美、畠中恵、森見登美彦、上橋菜穂子、恩田陸、沢木耕太郎・・・って、私が読んだことのある作家さんを主に挙げましたけど、他にも興味をひかれるビッグネームがたくさん。
まだ全部は読んでいませんが、いくつか簡単に感想を。


丕緒(ひしょ)の鳥/小野不由美
慶国の夏官・丕緒を主人公にした物語・・・と言われても、「なんスかそりゃ?」ですよね。
ともかく、十二国記の主要キャラたちはほとんど登場しません・・・わずかに最後に景王・陽子が喋るぐらい。ですから、サイド・ストーリーなんです。
でも、この際そんなことはどうでも。
十二国記がまだ続いていてくれた、それだけでワタシはもう・・・(T_T)(←感涙)。
ああ、漢字が難しい。えーっと、歴代の景王ってどんなんだったっけ?もー忘れたよ~、またいろいろ思い出さなくちゃ。
・・・っていうのが、嬉しいよぅ。

  「十二国記」大好き!記事は、コチラ


ひなのちよがみ/畠中恵
こちらはいつもの「しゃばけ」ファミリー。
もともと短編の多いシリーズだから、すごく自然に読めます。
鳴家は相変わらず可愛いペットのようだし。若だんなは相変わらずひたむきに頑張るけど、病弱なことは変わりなし。で、兄やたちはこちらも相変わらず若だんなしか眼中になくて。
明るく楽しく面白く――これといって変わりはなく・・・それが嬉しい。

或る失恋の記録/森見登美彦
「四畳半神話大系」、「夜は短し歩けよ乙女」などと同系列の、「もしも~し、学生さ~ん、異次元に行っちゃわないで下さいね~」、な一篇(雰囲気で・・・^^;)。
1、2ページに1回ぐらいの割で、「ぷふっ!」と吹きます。
去年秋の京都旅行で歩いた吉田山界隈が舞台になるので、「あぁ、あの辺りの家のひとつねぇ・・・」って感じで、京都への思いをつのらせながら、かつ「どうしていつもコイツらってこうかね~・・・」って感じで、呆れながら・・・。

"脳がほてる"物語をもとめて/上橋菜穂子(インタビュー)
上橋さん思い入れの児童書、FT書、コミックについてのインタビュー。
もーっのすごくかぶるので、ぶんぶん頷きながら読みました。
「アーサー・ランサム全集」・・・あの中に出てくるガリバルジー印のショートブレッド(ビスケットだったっけ?)を求めて、輸入品の棚を探し回った頃なんてあったな~(結局みつからず)。
ローズマリ・サトクリフの作品とか、コミック「夢見る惑星」なんかは、どういうわけか私はハマることができなかったけど・・・。


何しろ、いずれも短編としても短い方だなというボリュームしかない作品ばかりなので、正直なところ物足りない感じは残ります。まったく初めての作家さんの作品(これから読むけれど)を読んで、それで「おぉ、このヒトは良い、他の作品も読んでみよう!」という気になるかどうかは疑わしいところ。

でもやっぱり、「十二国記」はもう、カケラでも涙するワタクシですし、「しゃばけ」はチラっと見でもハッピーになれるし(四畳半な連中は気配ですら「おいおいっ!」だし)。
わくわくアソートな1冊ではあります。

yom yom HPはコチラ

関連記事
tag: 小野不由美 
  1. 2008/02/29(金) 20:06:00|
  2. 2008
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/625-9f79a979
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

あのね、藁半紙なところと、すみっこに小さく印刷されたYonda!君が‥ああ、ラブ♪です
  1. 2008/02/29(金) 23:01:00 |
  2. URL |
  3. 花侍 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

おぉ!!すごい嬉しい!!私も早速暇を見つけて本屋へ急ぎます。。。
小野不由美さんだけでなく、読みごたえありそうな作家さんばっかっすね。
普通に雑誌としても興味深い感じですねぇ。
  1. 2008/03/01(土) 10:50:00 |
  2. URL |
  3. gvilla #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈花侍さん、
そうでしたね、師匠は(まだ引きずっている・・・)このヨンダ・パンダがお好きでしたね。
かつて、シールだか何かを集めてもらったこのパンダくんのビデオ(宮沢りえさんがナレーション入れてる・・・)、可愛かったです。
  1. 2008/03/01(土) 20:08:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈gvillaちゃん、
多分これ、Amazonでも売ってると思います。
まあ、今なら本屋店頭で平積みだと思いますけど。
昨今話題の作家さんズラ~リ!で、わくわくですね。
・・・って、い・か・に・も、新潮社の術中にハマってる感じします(^^;
  1. 2008/03/01(土) 20:18:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する