本と旅とそれから ブラックペアン1988/海堂尊

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブラックペアン1988/海堂尊

すばらし~い!

この作家さんには毎度毎度楽しませて頂いてますが、今回はまた格別。



ブラックペアン1988/海堂尊(講談社)

さてまず確認ですが。
「ペアン」て何でしょう?

お医者様でもなければ知らないでしょ?ふつう?
止血鉗子・・・ハサミみたいな形の道具なんですって。


まあその、表紙にこれだけ大きく絵が描いてあるので、それでOK、説明特にナシ、ってことなんだと思いますが、借りてきてすぐにカバーかけて読んでいた私は、しばらく「ペアンってなんじゃろ?」と思ってました。

20年前に、とある患者の体内に残されたこのペアンが物語のカギ。

そして今回の主人公は誰あろう、バチスタ・シリーズの方ではいつもタヌキおやじ呼ばわりされつつも、最後にしっかりと主人公たちを支えてくれるあの高階病院長。
(あ、狂言回しの役は、医師免許取りたての新人医師なんですけどね。)
いえ、この本の舞台となる1988年当時の東城大学医学部付属病院では、高階医師は院長ではなく、他所の大学から転任してきたばかりの講師。

海堂さんお得意のカッコつけニックネームは帝華大の小天狗。
帝華大から来たんですね、Dr. 高階。どうやら、東大みたいなところのようで。
バリバリのスゴ腕外科医。後のジェネラル・ルージュとイメージがダブります。

話のスジは、ふつうによく出来た(というのも不遜な言い草ですが・・・)病院モノですが、何が感動するって、海堂さんの医師という人々の描き方。
海堂さんの処女作「チーム・バチスタの栄光」ですでに強く感じられたことですし、以降ずっとそれは貫かれているものだと思いますが、海堂さんの描く医師は気高い。

  「チーム・バチスタの栄光」感想はコチラ

権力闘争もするし、飲んだくれるし、ヘマもすればズルもする。
でも、人の命を救う、患者に良かれと考える、その一点において彼らはものすごく気高い。

「俺は外科医を辞めない。辞めるもんか。でも、目の前で患者が死ぬのを見るのは絶対にイヤなんだ」

と、これは狂言回し役、世良クンのセリフ。研修にやって来た医大生の速水クン(後のジェネラル・ルージュですね)のレポートにひと言「すぐに追い抜きます」って書かれちゃう、一年生Dr. 世良ですが、このシーンはカッコよかった!このひと言(と、ひと蹴り)で、患者を見捨てそうになった高階医師が自分に立ち返るのでした。

で、さらなる感動の人物は、高階講師の上司である佐伯教授なんですが、何がどう感動かはネタバレになるから書きません~。

海堂さん自身が医師だから、ということもあるでしょう。
医師とはこうあって欲しい、自分はこういう医師になりたい、という思いのこもった人物描写なのかな、と思います。

海堂さんの本を読むと、医師とは、他人を助けようと全力を尽くす習性を持って生まれてきた人たちなんだな、と思えちゃう。
理想であり、現実ではないのかも知れないけど、それでも感動するのでした。

なお、速水クンともども研修にやって来た田口クン(後の「ぐっちー」ですね)は、手術室で患者の血を浴びて卒倒しちゃいます――で、以後はできるだけ手術室には近寄りません、とレポートに書き記して帰っていくのでした。

関連記事
tag: 海堂尊 
  1. 2008/03/07(金) 20:44:00|
  2. 2008
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/630-84b1cc7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

Mikiさん、海堂尊さんの作品に、はまってますね。
本屋に行っても人気№1てお店がたくさんありますね。
今、旬の小説家なのですね。
本を読む時間って至福の時です。
でもなかなかその時間が確保できません。
Mikiさんは読むスピードが速そうです。
  1. 2008/03/08(土) 00:03:00 |
  2. URL |
  3. よしりん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

あー、ますます早く読みたくなりました。
私も海堂さんの本に出てくる登場人物がとてもすきなので、彼らの昔の姿を見られるのは
友達の高校の卒業アルバムを見るみたいな楽しさがありますね。(笑)

どうも私も人気の本ばかり予約してしまったらしく、
なかなか読みたい本が回ってきません。
図書館の順番待ちが辛いです~。
  1. 2008/03/08(土) 11:52:00 |
  2. URL |
  3. yurinippo #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

登場人物のキャラ設定がよいので、魅力がある物語になるのしょうね。
佐伯教授、高階講師、渡海医師、もちろん世良一年生。
田口先生はもうすでに、内科医師になることが宿命みたいな感じでしたね。

原因不明社会は、近くの図書館にはまだ入っていないようです。
医学のたまごは入っていたようですが、しばらくは貸し出し中なのでしょう。
  1. 2008/03/08(土) 11:57:00 |
  2. URL |
  3. bullet4071 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈よしりんさん、
そうですね!ここんとこ、海堂作品の頻度、高いですもんね。
この作家さん、まだデビューしてからさほどの時間が経っていないと思うのですが、ちゃっちゃと新作を出されてて、それがいずれも面白く・・・。
ハマり甲斐があると申しますか。

私、読書のスピード的には・・・中くらいかな、と自分では思ってます。
以前は少し遅いくらいかなと思っていたのですが、まあ、中くらい?
が、熱中すると、地下道ぐらいなら歩きながらでも読んじゃいます。
(ひと迷惑ですね~・・・^^;)
  1. 2008/03/08(土) 23:02:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈yuriさん、
この本、これまで読んだ海堂作品の中では一番と言っていいくらい気に入りました!
高校の卒業アルバム・・・あははっ、ナルホド。
私はNHKアーカイブス、とか思ってました。
高階院長、これまではメスを握ってる姿など考えもしませんでしたが、若くてカッコ良かったですよっ(見たのかオマエ?って感じですが)。
藤原看護師とか猫田師長とかも、片や現役師長、片や中堅看護師で登場しますし。

私の予約図書リストは、現段階では「図書館戦争」シリーズの最終巻のみとなりました。
ちょっと洋書を読まないと・・・。
あと、「有頂天家族」、いつまで置いとくんだっ、って感じです(^^;
  1. 2008/03/08(土) 23:09:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈bulletさん、
ホントに、登場人物が魅力的ですよねえ、海堂作品。
Dr. 世良って、その後どうなるんでしょうね。
バチスタ・シリーズの時点では、あの病院にはいませんよね?
渡海医師は、ずーっと、TVドラマ「医龍2」の松平医師のイメージで読んでいました。
・・・bulletさんは「医龍」はご覧になってなかったんですよね。
あのね、もといた病院で、出世レースに巻き込まれて道を踏み外し、左遷されて酒に溺れる外科医が出てくるんですよ。
主人公・医龍との出会いによって再び敏腕医師としての自分を取り戻していくんです。

やっぱり、医師・・・お医者さんは正義の味方であって欲しいと思うのでした。
  1. 2008/03/08(土) 23:18:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。