本と旅とそれから 「ライラの冒険 黄金の羅針盤」

本と旅とそれから

「ライラの冒険 黄金の羅針盤」



見たいと思っていた「スウィニー・トッド」を結局見損ねてしまいました・・・。
その反動でしょうか、この映画はまだ公開されて日が浅いけど、先日見てきました♪

とっても楽しめました!
どのくらい楽しめたかというと・・・「ナルニア国物語 ライオンと魔女」ぐらい、かな。
FT作品ということで、心なしか雰囲気も似ていた気がします。

  「ナルニア国物語 ライオンと魔女」感想はコチラ

最後の方で、敵と味方の大決戦になるシーンなどは、ナルニアの戦場シーンをふと思い出したり。というのも、「ナルニア」ではピーターが剣を振り上げて突撃する姿にうるっときたワタクシ、そう、今回も、ライラの危機を間一髪で魔女セラフィナ・ペカーラが救ってくれて、魔女たちが参戦してくるシーンでまたしてもじんわりしてしまったのです・・・。
あのシーンは「危機一髪」オンパレードでしたけど(^^;

あれは、大画面で見てこその迫力かと。

それにしても、CGとかFSXというものは、映画の可能性を無限に広げるのですね。
ハイテクを駆使することで、魔法の世界を描き出すことが可能になるというのが、何だか不思議な気がします。
昔だったら、ダイモン(思いっきり「ディーモン」て発音になってたじゃないか~)や「よろいグマ」をあれほど見事に映像化することなんて考えられなかったもの。

よかったですよ、「よろいグマ」。すごい迫力。
barnesさんが緒方拳さんの吹き替えに「むむっ・・・」というご感想だったらしい(意味不明?)のですが、英語版の吹き替えは結構スゴ味があってよかったと思います。
「この声聞き覚えあるなぁ・・・どこで聞いたんだったかなぁ」と思いつつ映画を見ていたのですが、「master」という単語に特に聞き覚えがある気がしたので、もしかして「スター・ウォーズ」かなぁ、なんて思ってました。

で、エンド・クレジットを見ると、吹き替えはイアン・マッケラン。
・・・ん?えーっと、覚えのある名前ですが・・・誰だったっけか?(^^;

さらに後でパンフを見て、「おぉっ!」。
この方この方(コチラ)。
ガンダルフでしたねっ。これも「master」がよく出てくる映画だったのぅ。

それにしても、入り組んだストーリーをうまくまとめていて、お見事だと思いました。
やっぱり、原作がヒットした作品を映画にするのって、脚本がものを言いますね。
ラストは原作とは少々違った終わり方になっているのですが、特に違和感もなく、「次回作に乞うご期待!」って感じでした。

  「ライラの冒険 黄金の羅針盤」原作の感想はコチラ

さてワタシ。
ちっとは真面目に英語の本を読みたまえよ!

関連記事
tag: 
  1. 2008/03/08(土) 22:56:00|
  2. MOVIES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/631-e4f155f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

ああ!イアン・マッケランでしたか!イオレク・バーニソンは!(あれ、名前合ってます?)
そうかそうか、私も吹き替えを想像するとどうしてもナルニアとかぶってしまって、イオレクの声が想像でアスランの吹き替えをやったリーアム・ニーソンになってました(笑)。
ガンダルフだと年取りすぎなイメージですが、声だけだといいかもしれませんね。

あーー楽しみ!
今神秘の短剣の下巻を読んでます。
映画も早めに続編出るといいですよね。
  1. 2008/03/09(日) 01:02:00 |
  2. URL |
  3. lazybug #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

原作(日本語訳)読みました。
イオレクは男前キャラですよね~。
よろいグマっていう訳はあまりかっこよくないような気もしますが。
1作目は何も考えず読めましたが、だんだん宗教色が濃くなって、そういうバックグラウンドを理解していないと、わからないことがたくさんあるんだろうな~と思いました。
  1. 2008/03/09(日) 06:17:00 |
  2. URL |
  3. hleaves #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

おお、ガンダルフだったのですね。それならいいわ。って、完全に「指輪物語」モードになっています。「指輪物語」と「ナルニア」と「ライラ」ってどれも名作で、その上、いい映画に仕上がっていますよね。次のお楽しみは「カスピアン王子の角笛」です。
  1. 2008/03/09(日) 21:23:00 |
  2. URL |
  3. barnes_and_noble #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈Ayakoさん、
あってます、イオレク(ビヨルン、とか言っていたワタシであります)。
そうそう、アスランの存在もあるから、一層ライラとナルニアが似てる気がするのかな~。
声って、思ったより年が出ますよね。
特に歯がアヤシくなる年代の方は、どうしても若い声は出ない気が。
でも、今回のガンダルフ・イオレクは良かったと思います(^^)

ああ、次も早く読みたい~。
なんか、和書と洋書と手元にあると、どうも和書に手が伸びちゃうんですよね。
最近、なけなしの根性が底をついてるからなぁ・・・。
  1. 2008/03/09(日) 22:23:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈hleavesさん、
男前キャラ・・・の、クマ、ですか。ふむふむ。
クマってどうしても、「リラッくま」とか「茶の間クマ」とか、丸っこい癒し系なイメージあるから、「よろいグマ」って言われても、ですよね。
あ、段々宗教っぽい話になってくるんですか?ありゃ。
キリスト教文化に馴染みのない国の者としては、ちょっと手強そうですね。
・・・ちゅか、読まないことには何も始まらないっ。
ああ、焦ります・・・。
  1. 2008/03/09(日) 22:27:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈barnesさん、
まあ、日本語吹き替え版のキャスティングの、意図したところはわかる気がしますよね。
緒方拳さん・・・迫力の野太い声ってことで。
いつかTVでやったら、覚えていたら聞いてみたいです。
そうですね!そのFT三作、どれも良いですよね。特に「指輪」。
ナルニア次作、GW頃って話ですけど、私なんて、ライラの券と一緒に前売り買ったので、半年以上前ってことになっちゃいますよ。
ナルニアは、1作目は何度も読んだのですが、後の巻は2回ぐらいずつしか読んでいないので、ストーリー忘れてるのでまた読みたいです。
  1. 2008/03/09(日) 22:31:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する