本と旅とそれから 安野光雅さんの絵本①

本と旅とそれから

安野光雅さんの絵本①



先日、可愛らしいテディ・ベア製作のブログを綴っておられるあつこさんとお話していて(というか、コメントのやりとり、ですね)、ふと、昔大好きだった安野光雅さんの絵本のことを思い出しました。
ちょうど、フラワー・フェアリーのカードを集めていたりした頃のことです。
あの頃は、安野さんの作品がすごく注目を集めていて、絵本や画集も次々出版され、ご本人もマスコミによく出ておられたっけ。

代表作と呼べる作品はたくさんあるのですが、あつこさんとの話に出てきたのは、「野の花と小人たち/岩崎書店(TOP)」。


▲つくし&つゆくさ(どちらも部分)

日本の草花ばかり(だと思う)、そして野草ばかりが取上げられているのですが、それぞれにちょっとした安野さんのエッセイも添えられています。

▲いぬふぐり

安野さんは水彩画家ということもあって、どれも透明感のある優しい色合い。

▲なわしろいちご(部分)

安野さんは、ストーリーを楽しむ絵本というよりは、絵の美しさを鑑賞する画集や、画家のウィットを楽しむ絵本を世に出しておられるひと、というイメージです。

それから、世界的にも高い評価を得た絵本のひとつが、「ABCの本」(▼)。


あの頃は気取っていたので、「ABCなら英語版を買おう」と思ったようでございます。
アホだった・・・だって、英語版の方がはるかーーーに高かったもの。

▲「M」のページ

見開きの左ページに木製のアルファベットの一文字が、右ページにその字で始まるモノの絵が描かれています。

「M」だと、左ページにすでに鏡(Mirror)があり、右には地図(Map)が。
さらに、絵を囲む枠の部分にも、Mで始まるものがいろいろと見つかります。


▲人魚(Mermaid)とマリーゴールド(Marigold)

この絵本には、それぞれのページに何が描かれているか、巻末にリストが付いています。

あの頃(高校~大学時代!)は本当に安野さんの作品が好きだったなぁ・・・あの方は山口県の津和野出身なのなのですが、それがあったので、津和野まで旅行しましたもの。
「空想工房」などのエッセイ集も読んだなぁ・・・。

そして、安野さんの作品の中で、あの頃も今も一番好きなのが・・・と思ったけれど、エラく長くなってきたので、また明日。

関連記事
tag: 
  1. 2008/03/26(水) 20:31:00|
  2. 全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/642-4814460d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

安野さんの絵は透明感があって、ほんと素敵ですよね。
私も津和野に行った際、安野さんの美術館に行きましたよ。

「ABCの本」は世界的にも高い評価を受けたのですか。
知らなかったあ。
本物は世界に通じているのですね。
  1. 2008/03/26(水) 21:01:00 |
  2. URL |
  3. よしりん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

絵本には、癒されます。
無垢なこどもを対象に描かれた絵本も、無垢に思えて。
この本は手に取ったことがありません。
いわさきちひろや五味太郎さんも好きです。
こちらの古い絵本もつい買っています。
妖精、という存在も。
信じたい気持ち、大きいです。
  1. 2008/03/26(水) 23:55:00 |
  2. URL |
  3. ymomen #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈よしりんさん、
最近は静かですが、私がファンになった頃は、安野さんの作品はどれもこれもとても流行って、学生のおこづかいではついていけないほどでした。
私が津和野に行ったのは、安野さんの美術館のできる前なんです。
調べてみたら、美術館が開館したのは2001年だそうですね。

「ABCの本」だけが、というわけではなかったようですが、アルファベットを扱っていたこともあり、早い頃から英語版が出ていました。
次の記事で取上げた「旅の絵本」は、国際アンデルセン賞を受賞しています。
おっしゃる通り、本物は世界共通です。
安野さんは、作家ミヒャル・エンデ氏とも親しくされていたんですよね。
(確か、エンデ氏が津和野に住んでいたことがあったとか・・・。)
おかげでエンデ氏の作品も何作か読みました。
  1. 2008/03/27(木) 21:40:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈もめんさん、
ホントですね~。
私は、子供向けの本来の「絵本」というよりは、大人が(/も)楽しめる画集のような絵本ばかり集めているのですが・・・あ、最近は滅多に買わないので「集めていた」の方が正しいのですが、時々姪っ子の持っている絵本を見せてもらうのも楽しいです♪

私も、妖精本もちょっとだけですが持っています^^
絵本の権威ある賞のカルデコット賞は・・・アメリカの賞だったでしょうか?
  1. 2008/03/27(木) 21:53:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ご紹介ありがとうございます(文章中にあると、照れますね)。

つくしやツユクサ、いぬふぐり…好みのお花ばっかりで、嬉しくなってしまいました。
私もこの画集、探しますね!その時はブログネタにします^^

それと、送ってくださったトラバが来てないようなんです。よかったらまた送ってください(経験上ですが、昼間の方が飛ぶようです…)

ABCの本もいろいろ探して勉強にもなりそう。線画が縁取りになっていて、とても綺麗ですね。
  1. 2008/03/28(金) 00:28:00 |
  2. URL |
  3. あつこ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈あつこさん、
今回の記事は、あつこさんの「つくしベア」ちゃんがきっかけで書いたものですから、こちらこそネタを頂いてありがとうございました<(_ _)>

TB、あれから再度送らせて頂きました。どうやら今度は無事届いたようですね。
あつこさんの方じゃなくて、多分エキサイトの側に不備があったのではないかと。
最近、あれこれと(あまり使いでのなさそうな)小道具を付け加えては、基本動作が遅くなっている感のあるエキサイト・・・困ったものです。

「野の花と小人たち」、優しい雰囲気の絵は、あつこさんの作られるテディちゃんたちと通じるものがあるように思います。
是非ご覧になってみて下さいね^^
  1. 2008/03/28(金) 21:31:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

これも我が家にあり。安野ワールドは大好きです。
  1. 2008/03/29(土) 01:47:00 |
  2. URL |
  3. barnes_and_noble #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈barnesさん、
岩崎書店から出ている画集は、ちょっと立派でちょっと高いのでなかなか手が出ませんでしたが、一番好きなこれだけは頑張って買ったのです~♪
  1. 2008/03/29(土) 21:09:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する