本と旅とそれから 「Sweet Rain 死神の精度」

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「Sweet Rain 死神の精度」



大変良かったです。
面白かったし、とっても美しかった。
原作は伊坂幸太郎さん。小説も大変面白かった!
・・・といっても、読んだのはちょっと前になるため、ストーリーの細部は幾分ぼんやりしてきておりましたが(最近、この「ぼやけ速度」が速いんだなぁ・・・(T_T))。

伊坂作品を映画化したものを見るのは、「陽気なギャングが地球を回す」に次いで2本目。
「ギャング」もなかなか楽しめる作品でしたっけね(►コチラ)。
ちなみに、私は見ていないけれど、「アヒルと鴨のコインロッカー」も映画化されていて、yuriさんの感想を読ませて頂く限り、こちらも良かったようです(►コチラ)。

先日読んだ「ゴールデンスランバー」(►コチラ)も、映画化を意識しているのかしら、と思わせるような場面があちこちにあるような気がしたし、伊坂さんの小説っていうのは、もしかして映画向きだったり?

さて、「死神」。

演じるのは金城武さん。
この人って、なろうと思えばカンペキな2枚目にもなれるけど、2.5枚目ぐらいをやってる時の方が生き生きしているみたいですね。

今回の金城=死神もそう。真面目に仕事してるんだけど、どっか抜けてる。
それに、いつも降られる雨男。
仲間の死神が見せた青空バックの写真に、「へぇ、空ってホントに青いんだ・・・」と、ボツリ。

この俳優さんって、英語でも中国語でも映画に出てるでしょ。器用な人だ、うらやましー、といつも思うんだけど、日本語で登場する時は、これまたいつも「ちょっとぎこちないな」・・・。
インタビュー記事で以前、「どれも中途半端に喋ってるかも知れない」と言っておられたけど、もはやそのちょっとぎこちない喋りがトレードマークとなっている感が。

で、いつも何となく寂しそうな雰囲気を漂わせているでしょ。
多分その辺が魅力の一部なのかと思うのですが。単に造形が美しいというだけでなく。

映画では、原作のエピソードの中の三つ(だったと思うんだけど)を取上げています。
原作が手元にないので詳しいことは確かめられないんだけど・・・。

小西真奈美さんの演じるショボいOL(▼)が歌手として見出される一篇。
あの女優さんって、NHKの「ちゅらさん」の時から印象的で、線の細い、シャープで知的というイメージがあったんだけど、今回は、どうにもショボい、地味で暗めなOLの雰囲気がよく出ていました。


それから、数十年後のヤクザのゴタゴタを巡る一篇。
ここで登場するチンピラ少年が、実は小西=ショボいOLの息子。

そしてさらに数十年後、これは近未来という設定なんだけれど、海辺の美容院をひとりきりもりする年配の女美容師との一篇。
この美容師、演じるのは富司純子さん(▼)ですが、これが小西=ショボいOLの年老いた姿。


最初のエピソードで、死神は彼女を死なせず、数十年経って再び彼女の前に現れることになるのですが、そこで、長い年月の後に、かつてのうつむいてばかりだった女の子が晴れ晴れと「もう思い残すことはない、いつ死んでもいい」と微笑む姿を眼にするのです。

このシーンが感動的でした。
彼女の笑顔がまるで魔法を使ったかのように、雨があがり、海の上に明るい青空が広がってゆく・・・。

初めて青空を見た死神が、「とても綺麗だ・・・」とつぶやく時、それは空のことなのか、目の前の老女の笑顔なのことなのか。
きっと死神の心の中には、あの時彼女を死なせなくてよかった、という満足の思いがあふれただろうなぁ、と思うと、「Good Job!」とひと声かけたくなりました。

最後がその海辺のシーンなので、もう「すがすがしさがいっぱいサ~~!」って感じで映画館を後にできます。
思えば、伊坂さんの原作で、本を閉じる時も同じ感じでしたっけ。

関連記事
tag: 伊坂幸太郎 
  1. 2008/03/28(金) 21:13:00|
  2. MOVIES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/644-4054814d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

ストーリー展開が奇想天外で、おもしろそうですね。
映画化されるには、よっぽど原作に魅力がないとだめだから、小説の方もそうとう楽しめるのでしょうね。
金城 武って、ハンサムすぎて、「たけし」という顔じゃない気がします。
  1. 2008/03/29(土) 01:03:00 |
  2. URL |
  3. よしりん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

私も見ました!すがすがしさが残る作品で、つい本屋さんで原作をのぞいたりしました。伊坂さん、面白いかもしれません。
  1. 2008/03/29(土) 01:42:00 |
  2. URL |
  3. barnes_and_noble #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

Mikiさんの感想読んで、ますます見に行きたくなりましたよ!
小西真奈美さんも好きな女優さんなので楽しみです。
金城武さんはわたしの中の死神のイメージとはすこーし違うのですが
見てみたら意外としっくり来るかも!って気がします。

原作では、死神は「ミュージック」が好きということでしたよね。
映画の中でどんな音楽がかかるのかも気になる~。
  1. 2008/03/29(土) 11:22:00 |
  2. URL |
  3. yurinippo #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

最近日本の映画っていいのをしていますよね。
渡米前からすっごいはまってみています。

小西真奈美さんはめ~ったかわいい!年きいてびっくりするぐらい、かわいい人やなあって思います。色々な役をこなしますよね。
日本帰ったら色々みてみよ~っと。

金城武久しぶりにみた。。。。よしりんさんのたけしって言う顔じゃない気がするっていうのがおもしろい!

じゃ、なんやったらOKなんやろ。。。と真剣考えた私でした。

  1. 2008/03/29(土) 13:44:00 |
  2. URL |
  3. eikita711 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

スキン春バージョンですね。

先日小西真奈美さんのインタビューが新聞に載ってました。
そんなに良かったですか。私はきっとTVにオンエアされてから見ると思います。

それから、今さっき自分のとこのトラックバックを全部削除してしまいました。元に戻すバタンでは戻りませんでした。
  1. 2008/03/29(土) 20:48:00 |
  2. URL |
  3. ruksak #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈よしりんさん、
「死神」が二枚目のカッコして現れる時点ですでに、FTですよね。
原作の伊坂幸太郎さんはものすごい人気作家、中でもこの「死神の精度」は特に好きな作品のひとつです。

>ハンサムすぎて、「たけし」という顔じゃない気がします

(↓)のeikitaさんにもウケていますが、なりほろ~、too beautiful to be a Takeshi
て感じですか。
やっぱ、ビートたけしさんのイメージがあるから・・・?
それとも「武」って字から、ゴツい顔が連想されるからでしょうかねー。
  1. 2008/03/29(土) 21:03:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈barnesさん、
お忙しくなさってたんですねー。

でもホント、お忙しい中でも、見るとちょっとホッとするような映画ではなかったですか?
海辺っていつでも風を感じますよね。
原作もとっても面白かったです。
伊坂作品はどれも楽しめると思いますが、中でもこれはウェルメイド・ストーリーって感じがして、おススメです♪
  1. 2008/03/29(土) 21:05:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈yuriさん、
イメージちょっと違いますか?
・・・うん、なんかわかるかも。
ちょっと少年っぽすぎるかな?もうちょっと、ニヒルな感じ・・・かも・・・ね。
ブラピの「ジョー・ブラックによろしく」と似た雰囲気ですかね、金城=死神。
人間界のことに完全に通じていないので、ちょっとマヌケなとこもあったり。
映画の中でもさかんに「ミュージック、ミュージック」連発してましたよ。
結構あれこれ聴いてたみたい。「きよしこの夜」なんかにも聞き惚れてました。
  1. 2008/03/29(土) 21:13:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈eikitaさん、
そうだね、ここのとこ邦画、いろいろいいのあるよね~。
以前すすめてもらって見た「フラガール」、その後すごく評価が高くなって、いろんな賞を獲ったよね。
考えてみたら、あれにも富司純子さん出てて、熱演だったっけ。

金城武さん、「たけし」じゃなかったらどんなんがいいだろうね~^^
やっぱ、何かクールな名前がいいんだろうけど、どんな名前がクールかというと・・・これまたそうは思い浮かばんのぅ。
「ケン」とか「トオル」とかどおっすか?ケンなら国際的にもOKだし~・・・。
ユニセックスな名前もいいかな?「ユウ」とか・・・なはは、わからん!
  1. 2008/03/29(土) 21:18:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈ruksakさん、
短期限定のサクラ・バージョンでっす♪

小西真奈美さん、今回は、うつむいた恥ずかしがり屋の若い女性の役、とてもよかったです。なんだか、味方になってあげたい気になります。

ありゃま、トラバが全部消えましたか!
「設定」の「記事管理」で全部チェック入れて「削除」にしちゃったんですね?
そりゃがっかりしちゃいましたねぇ・・・。
まあ、これからまたひとつひとつ・・・。
  1. 2008/03/29(土) 21:28:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。