本と旅とそれから 梅雨の晴れ間に紫陽花の山

本と旅とそれから

梅雨の晴れ間に紫陽花の山



いろいろな方のブログで、美しい紫陽花のお写真が増えてきました。
わたしも・・・わたしも、という気分が膨れ上がるものの、じゃあどこに行く?となると、なかなかよさそうなところが思い浮かびません。


東京の紫陽花の名所のひとつとして知られるのが、日野市の高幡不動尊。
去年初めて行ったのですが、とぉぉ~~っても素敵でした(去年の記事は►コチラ)。
今年もやっぱりまたここに行くことにしちゃいました。だって、近場でほかにはサ・・・。
去年は、もう1週間遅く、6月末に出かけてます。



去年と同じく、朝駆けで6時半頃到着してみると・・・あれ?去年よりずっと人が多い?
境内ではこの日、骨董市が開かれるということで、出店準備をする人がすでにいっぱいでした(毎月第三日曜日なんですって。知らなかった~)。

高幡不動尊は、平坦なところにも見事な紫陽花苑がありますが、迫力なのは隣接する山に咲き乱れる山紫陽花。もうね、紫陽花のジャングルみたいですよ。

お店の準備に忙しい人たちをよそに、やっぱりまだ人の少ない紫陽花の山を歩いてきました。
・・・写真は去年とあんまり変わらない感じですが・・・^^;
なお、≪続・旅編≫記事中の、紫陽花の花びらから雫が落ちかかっている1枚は、yuriさんのお写真(►コチラ)を真似しちゃいました・・・。
とってもカッコよかったので、つい・・・<(_ _)>パクリ、ともいう。

よろしかったら、紫陽花の山へご一緒に♪

►クリックで≪旅編≫へどうぞ。

関連記事
tag: 
  1. 2010/06/21(月) 21:30:00|
  2. ≪続・旅編≫へ