本と旅とそれから カメラをタテに構える時は≪カメラ教室メモ①≫

本と旅とそれから

カメラをタテに構える時は≪カメラ教室メモ①≫

最近カメラ教室に通い始めました。
教室の詳細は、恥ずかしいので秘密です(内容からしてすぐバレますが・・・)。
初めてのデジイチ・X2を買って以来3年、それなりに参考書を読んだりもしましたが、かなりの部分はいわゆる我流。
――私は、何かものすごく基本的・根本的なことを知らずに来てしまっているのではっ?
と思うこともしばしばだったので(心配性A型)、ここはひとつプロの先生に学ぼう!と、思い立ったのでした。
教室をご担当下さる先生が得意とされるのは、旅、風景、自然などといったテーマ(たぶん)。

とにかく、「イロハのイ」から学ぶコースなので、さすがに初回のクラスは知ってることがほとんどでしたが、これから先も(根気が続けば)長くなることですし、毎回、「これは知らなかったわ~」ということを少しずつメモに残していこうと思います。

テキトーなメモなので、間違ったことを書くかもしれませんけど・・・。
それと、先輩フォトブロガーさんたちには、「をいをい、そんなこと知らないで撮ってたの」って言われそうなことばっかりに違いありませんけど・・・。


webcitron01.gif


第1回 「すごく基本」

◇今回新しく学んだこと

◆カメラをタテに構える時は
私はいつもシャッターボタンを上に構えるクセがついてましたが、どっちでもいいんですね。というか、両方できた方がいいんですね。特に、ストロボをたく時なんかは、どちらを上に構えるかでストロボ光の進路(?)が違うので、シチュエーションによっては影の具合が変わるんですって(被写体の隣りに壁がある時とか)。

あと、シャッターボタンを上に構えると右ヒジを張ることになるため、混雑する場所などではトラブルの原因になることもあり、注意しましょう、ですって。

そう言われて、シャッターを下に構えようとしてみたけど、なんか上手くいきません(要練習)。

◆「ぐんかん」
=軍艦。デジイチ本体のことをそう呼ぶんですって。
知らなかった。でも、何となく男の人コトバな気がしますけど?

◇そのほか
先生の作品をいろいろ見せて頂きましたが、ビューティフルでした~。
屋久島とか。オーロラとか。
「ここに三脚を据えさえすれば、誰にでもこの写真撮れます~。がはは」
と、謙遜しておられましたけど。んなわけないですー。

そう、三脚の使い方っていうのも、いずれ是非学びたいのでした。
(まだ三脚持ってない。)

関連記事
tag: カメラ教室メモ 
  1. 2010/07/04(日) 00:00:00|
  2. 撮る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/67-c51eb2ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する