本と旅とそれから 「ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛」

本と旅とそれから

「ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛」



原作は、いかにも児童書らしい、穏やかさとのん気さと明るさに満ちたFTですが、映画・・・特に今作は、もう古い言葉かも知れないけど、アダルト・ファンタジーって感じですね。

とっても楽しめると思います――映画としては。
ここのところがちょっとフクザツな気分なんですが、映画としてはホントにスケールも大きいし、「ロード・オブ・ザ・リング」そっくりの迫力とドラマチックな物語にひきこまれてしまいます。

ペベンシー四兄弟が前作よりちょっと大人になっている分、一層「指輪」に近づいた感じ。
木が動く、とか川の激流が敵を押し流す、なんていうとても似た部分もあるし。

ですから、見ている間は、2時間半、一時も気をそらされることなく惹きつけられるのですが。




「原作よりいいかも」とか、「前作より良い」といった感想もあちこちで見かけます。
・・・うん、素晴らしい映画であったとは・・・思う。
しかし、原作よりいいかっていうと?

  原作"Prince Caspian"感想文はコチラ
  前作「第1章 ライオンと魔女」感想文はコチラ

いや、比べない方がいいと思います。
まったく別モノとして楽しむのが、純粋に楽しめていいんじゃないかな。

原作にはあんなに悲しいシーンはなかったし、原作のあの幸せなお気楽さが映画にはまったくなかった。
でも、実写の映画で作る以上、児童書の世界にしか存在し得ないあの空気が失われることは、まあ当たり前とすら言えるものかも。




あ、特筆したいのがですね、リーピチープ!ネズミの。

いや~、よかった。
勇敢で健気で。
ほとばしるまごころ!って感じ~。

いずれにしても、まずはハズさない作品だと思います、期待通りに。


関連記事
tag: ナルニア C.S.Lewis 
  1. 2008/05/25(日) 21:28:00|
  2. MOVIES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/679-09dbe4bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

おっ、早速行きましたねぇ~~~うちも早く行かなきゃ。

リーピチープ、本当に楽しみなんですよぉ、今後も結構出てきますしね。

ふぅむ、映画はアダルトバージョンなのですね、OK。そこの所はちゃんと覚悟していかないと肩透かしの可能性もありますからね、ありがとうございます。
ルーシーも大分お姉さんっぽく成長していて楽しみです。

しかし、7作あるうちの2作目なのにいきなり「ナルニア死す」って・・・・。
あーでも楽しみ♪
  1. 2008/05/25(日) 22:28:00 |
  2. URL |
  3. lazybug #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

見に行かれたのですね~~♪
私は一作目は劇場でしたが、2作目以降はDVDまで待つことになりそうです^^;

やっぱり映画化となると、見所を作ったり、原作とは変えないと、
一般の(というか、童話を読んでない人たち)お客さんを動員できないんでしょうね。

昔はドラマなどで、「原作と違う!」と怒っていた方なんですが、最近では別物として
見れるようになりました。オトナになったってことでしょうか(笑)
  1. 2008/05/25(日) 22:40:00 |
  2. URL |
  3. 創 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

話題作の映画、Mikiさんは結構行かれていますね。
主人公の俳優さん、いい男!
まずは原作読まないと・・。
全巻買ってあるのに、まだ読んでいません。
今度こそ、読破するぞお~!
  1. 2008/05/26(月) 08:19:00 |
  2. URL |
  3. よしりん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

この間テレビで1作目を見てネバーエンディングストーリーみたいで面白い!と思ってたので2作目見に行くのが楽しみです!
次女の子がすごいかわいくなっていて、びっくりしました。
でも、ネバーエンディングストーリーを見たくなってきてるんですよね。。。
DVD買おうかなぁ。(迷い中・・・。)
  1. 2008/05/26(月) 11:18:00 |
  2. URL |
  3. gvilla #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈Ayakoさん、
何しろ、半年(かどうかももう忘れるぐらい前)から前売り券持ってたんですもん。

私、リーピチープって白か灰色のネズミのイメージがあったんですが、茶色かったです。
しかも、次の「朝びらき丸」と、その次の「銀のいす」が頭の中でごっちゃになっていて、「次はカスピアンの葬式の場面から始まるんやな・・・」とか思ってましたよ。
そうだそうだ、まだカスピアンは活躍するんでしたねぇ、リーピチープも。
何か、早速「朝びらき丸」読みたくなってきた・・・。

アダルト・・・って、何かアヤシイですけどねっ^^
昔(?)はそういうサブジャンルみたいのがあったんですよ~。

「ナルニア死す」はひどいよね!
ああいうセンセーショナルなフレーズは嫌いです。
ルーシー、今回も相変わらず可愛かったよん。
  1. 2008/05/26(月) 21:25:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈創さん、
DVD、結構早く出るかも知れませんね。第1作も早かったですよね。

そうですね~。
原作を読んでいない人の方が多いのかも知れませんね。
「指輪」も、原作と違っているところはちょこちょこありましたし。

うんうん、私もそういう感じあります。
昔は私も、まず「原作に忠実に」だと思ってましたけど、いろいろ事情がありそうな感じですものね、各方面に・・・。
・・・オトナに、ですか?ぐふふ。
  1. 2008/05/26(月) 21:28:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈よしりんさん、
先週「相棒」、今週「ナルニア国」ですもんね。
次は「西の魔女」でしょうか。

FT映画の王子さまって、「指輪」のオーランド・ブルームもそうでしたけど、もう典型的な、誰が見ても「いい男!」って感じのハンサムですよね~。

「ナルニア」は、児童書ですし、「指輪」よりずっと読みやすいですよね。
よしりんさんはお好きなんじゃないかな。
明るくて素直な「善」の描き方が、よしりんさんのお気に召すのでは、という気がします^^
  1. 2008/05/26(月) 21:35:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈gvillaちゃん、
「ネバーエンディングストーリー」かぁ。
あれもFTの名作だなぁ・・・。
私は原作への思い入れが強いけど。素晴らしいんだよねぇ、エンデの。

映画は・・・まあまあ、ぐらいだったかな。
リマールの音楽がすごく有名になったよねー。
ドラゴンに乗って空を飛ぶシーンが印象的でした。

ナルニアも、いずれシリーズ全部映画化されたら、DVDセット買うかも・・・。
でも、「ロード・オブ・ザ・リング」もセットで買ったけど、まだ見てないのだった^^;
  1. 2008/05/26(月) 21:39:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

余談だけどリマールのあの歌を羽賀研二がカバーしてましたよね?
最初の 「Turn around~♪」 の所を「よ~せよ~」って歌ってたのが今でも笑えます。

すいません、くだらない話で(笑)。
  1. 2008/05/27(火) 23:26:00 |
  2. URL |
  3. lazybug #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

lazyMikiさん、こんにちは!
勝手ながらブログにリンク貼らせていただきました♪
☆『ナルニア国物語』原作は全部読んだのですが、映画はまだ?カスピアン王子が素敵なので(^~^*)是非とも観たいです。それでは~☆
↓京都は包装もオシャレですねぇ??
  1. 2008/05/28(水) 15:25:00 |
  2. URL |
  3. cyokooyaji #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

?Ayakoさん、
そっ・・・そうだったっけっ?
実は覚えてないけど、Ayakoさんののんびりした口調(ていうか書きぶり)で言われると、ふひゃひゃと笑えてきますです。

私はリマールの方しか浮かばないんだけど、「ネバーエンディングストーリー~~?」とずーっと伸ばすでしょ?
あれがいつも、「ストーリー、イヒヒヒヒヒ~~?」って聞こえて、「ブキミやな」と思えます。

くだらなくないですわよ、ステキな小ネタをありがとです。
  1. 2008/05/28(水) 20:53:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈cyokooyajiさん、
こんばんは~^^
リンクありがとうございます!私もさせて頂きますね!

カスピアン王子、人気ですね。
確かに麗しいですものねぇ~・・・。うむ。
私、ずーーーっと昔に何度か翻訳版の原作を読んだのですが、最近映画に調子を合わせて読み直してます。久々に読むと、また浸れます・・・。

れんこん餅の包み紙、とってありますよ~。
レンコンでもオシャレになるんですねぇ。私も感心します^^
  1. 2008/05/28(水) 20:59:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

原作を読んだ時はスーザンがどうしても好きになれなかったのですが、この映画を見ると、スーザンとカスピアンの関係、こうだったっけ?ともう一度原作を読み直さなければならないと思いました。やっぱりリーピチープはビーバー夫妻と共に、名脇役ですね。
  1. 2008/07/05(土) 22:07:00 |
  2. URL |
  3. barnes_and_noble #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈barnesさん、
(即レス!)
原作ではスーザンとカスピアンには別に何もないです。
この次の「朝びらき丸東の海へ」で、カスピアンは運命の女性と出合って結婚するのです。
スーザンについては、「さいごの戦い」で、ヘレン女王(だったかな?)が、「彼女は、一番愚かしい年齢に早くなりたいと望み、そこにいつまでもい続けたいと望んだ」というようなことを言ったのがとても印象的です(ちょっと違うかも、ですが)。
映画では、どういうふうに扱われることになるんでしょうねー。
リーピチープは迷いがなくていいなぁ。イォレクもそうですが。
動物の方が雑念に惑わされないんでしょうか。
  1. 2008/07/05(土) 22:15:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する