本と旅とそれから 医学のたまご/海堂尊

本と旅とそれから

医学のたまご/海堂尊

「この物語は中高生向けに書きました」と、巻末の著者メッセージにあるけれど、連載されたのは「日経メディカル」――医療関係の人向けの専門誌。

・・・この矛盾というか、「まあいいっちゃいいんだけどサ」な確信犯的ちぐはぐさが、物語全体にも漂っております。
でも、とっても面白かった。そこはやっぱり海堂作品ですから。

文中、結構ネタバレです。これからお読みになる方はご注意下さいまし。



医学のたまご/海堂尊(理論社)

この物語は・・・他の海堂作品にも見られる「時間をめぐる小ワザ」みたいなのが使われております。
最初は気付きませんけど。

最後の方に「アツシ」という名前が出てきて、「え!このコってあの・・・?」。

「ナイチンゲールの沈黙」に出てきた、主人公の少年・・・の、弟のような存在だったチビっこアツシ。網膜芽腫という眼の癌のため、片目を失った少年。
彼が、高校生となって登場します。

それがわかってうるうるきちゃいましたよ。
ああ、あのマンガのヒーローの話ばっかりしていて、泣き虫だったおチビが。
こんなに立派になっちゃって――ああ、オババくさい。

あ、アツシは主人公じゃありません。

主人公は、至ってお気楽、歴史はオタク級だけれど、英語も数学もとびっきりできない中学生・薫クン(男の子)。
ふとした間違い(のようなもの)から、スーパー中学生とまつりあげられ、東城大学医学部で学ぶことにになってしまった彼が巻き込まれるドタバタの顛末です。

主人公はいわば劣等中学生だというのに、彼の周りにいる友人たちは、医師志望の医学オタク三田村クンや、医学もできるが英語もバリバリの進藤サン(ただのガキ大将もいるけど)。

そしてPCの向こうには、アメリカの大学に勤務する、世界的ゲーム理論(て何?)の大家である父・伸一郎。
アツシは、いわば薫クンの先輩格で、こちらは本当に優秀なスーパー高校生。

・・・うん、確かにこの登場人物たちのラインナップを眺めると、海堂さん自ら書いておられるように、これはジュブナイル本でしょうかね。まぁ、白鳥調査官だってあり得ないけど・・・。
でも、医学的な部分は、立派に専門家の読書にも耐えるようです。

とにかく、こうした個性的な面々にワキをかためてもらった主人公が、驚異の俗物、東城大学医学部の藤田教授と対決する。
さあ、周りがいくら優秀でも、肝心の主人公がこんなにダメ坊で大丈夫なのか?!

「勇者には天佑が訪れる。グッドラック。」

まあ、ラストはそれこそヒーローもののマンガみたいな、勇気をもって立ち上がった少年を、空からやって来たヒーローが助けてくれる(この場合は父ですが)、という展開。
なんとなく、そういうことになりそうな予感はありましたけど。

名声とお金ばかりを追いかける俗物・藤田教授とは対照的に、自分の立身出世すらかえりみず、若者の将来と医学の未来を救わんとする、とある医局員(そういう人が出てくるのです)。
ヒーローものとはちょっと違って、勧善懲悪の図式は完全には成立しないのですが、この人・桃倉さんの姿は、薫クンの心に永遠に刻み込まれるのでした。

海堂作品に共通のすがすがしさは、やはりこの本にも満ちています。

桃倉さんのこと・・・高階学長が助けてくれるんじゃないかと、ちょっと期待してるんですが。


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 海堂尊 
  1. 2008/06/27(金) 23:11:00|
  2. 2008
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/697-4bd875bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

この後ジーンワルツを読むと、さらにびっくりしますよ。

表表紙が卵で、裏がハイパーマンバッカスの胸の前で腕をクロスしている
ポーズが載ってます。ちょっとこの架空の漫画が見てみたくなります。
アクティブフェーズ、パッシヴフェーズ、三段論法が医学にかかわらず
理系でも、文系でも学問の根幹にあると再確認できる。そんな感じの小説ですよね。
  1. 2008/06/28(土) 07:31:00 |
  2. URL |
  3. bullet4071 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈bulletさん、
「ジーン・ワルツ」、予約入れてありますが、とんでもない人数待ちです(T_T)
「ゾウ」より長い待ちリストです。今年中は無理かも、です。
びっくりするのは来年でしょうか・・・。

そうそう!裏表紙の腕クロスの挿絵、可愛いんですよね!
しかし、「ナイチンゲール」の中にも出てきますよね?
ハイパーマンバッカスとか、シトロン星人とか。
10年ぐらいの年月が経っているはずなのに、同じマンガとは!
アクティブだのパッシブだの、あたしゃ、薫クンの父が、白鳥調査官の従兄弟とかかしら、と思ってしまいました。
  1. 2008/06/28(土) 21:44:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する