本と旅とそれから 夏のお座敷ランチ≪隣花苑(りんかえん)≫

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏のお座敷ランチ≪隣花苑(りんかえん)≫




三渓園で、炎天の下ハスの花観賞をしたその後。
あまり人がいないのをいいことに、大声で「暑~い!」「おなか空きまくり~!」とお喋りし、時々よしりんさんの豪傑笑い(あ、いえ・・・)も響かせながらやってきたのは、ここ隣花苑。


三渓園とはゆかりのお店――というか、来てから知りましたが、こちらの女将は、原三渓の曾孫さんなのでした。
建物は三つの時代のものを組合せていますが、一番古い玄関部分は、驚くなかれ、室町時代のものだとか。約650年前の建物です。

せっかく来たから!と、掛け声かけてフンパツ「三渓麺コース(3,500円)」。
(と言いつつも、これがこちらの一番お安いコースなのでした。)




まず登場したこの前菜からしてすでに感動(写真、青くて情けない・・・)。
どれもいちいち美味しい(T_T)。
そして、どれもものすごく「夏」。

そうそう、この時、ビールを頼みましてね――だって、すっごく暑くて喉が渇いていたので。
「ぷはー!うっまーい!!」(by よしりん)
・・・豪快さと優雅さを併せ持つ、オモシロきお方でございます^^




滝川豆腐。
ところてんのような形状のお豆腐です。




冷やし椀。
冬瓜のスープに、散らしてある青柚子の香りが、これまた独特の「夏」・・・。うっとり。




そして、これがメインの「三渓麺(そば)」。
グルメだった原三渓が、自ら考案し手作りで来客に振舞った、当時のレシピがそのまま伝えられているそうです。

中華風、ということですが、少し濃い目の味付けが美味しい。
キノコの入ったタレと、かきまぜてからめて頂きます。




お店は空いておりました。
お陰で、私たちのいたお座敷や周囲のお部屋は貸切状態。
建具はすべて開け放ち、をを、これぞ風そよぐ、季節を感じる和のお座敷!

といっても、ちょ~っと暑かったので、備え付けのこれまた立派な団扇を拝借。




ブタの蚊遣りすら何やら奥ゆかしく・・・目からも煙、出てます。




生姜風味のご飯。
9月にはハスの実のご飯が頂けるそうです。何やら美味しそうです。




おうすとお菓子は別注文で頂きました。
黒糖と寒天のお菓子は亀廣永の「したたり」。
祇園祭ゆかりの京都の夏の名菓ですのぅ・・・。
京都大好きの二人でもありますので、ひとしきり話題はそちらへ。




食事の後は、座るに楽なベンチでゆっくりお喋り・・・のはずが、どちらを向いても美しい和の空間なので、またしても撮影タイム。





隣花苑女将、原三渓の曾孫に当たられます、西郷槇子さん。
絽のお着物が涼しげ・・・(「見た目ほど涼しくありませんけど」と笑っておられましたが)。
最後に、丁寧に挨拶に出てこられました<(_ _)>(←今頃返しても遅い・・・)




時がゆっくりと流れる・・・という、どこぞのリゾート地の宣伝文句みたいな言葉が、まさに実感できる豊かな豊かなお昼ごはんでございました。
京都からのお客さまでも、ここなら自信をもってお連れできるというもの。

よしりんさん、素敵なお店を教えて下さってありがとうございました^^
しっとりバージョンの「よしりんの食べある記2008 隣花苑の三渓そば」はコチラ


隣花苑HPはコチラ

関連記事
tag: 
  1. 2008/07/23(水) 21:25:00|
  2. 全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/713-8bcde89a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

うわ~~~。
なんて涼しげなお料理…
正しい日本の夏って感じがします。

お店の雰囲気も趣があっていいですね。
こんな素敵なところなら、フンパツしたくなりますよねぇ。

きっとビールも美味しかったことでしょう(* ̄∀ ̄)ノ■☆■ヾ( ̄∀ ̄*)
ウラヤマシイ☆


  1. 2008/07/23(水) 21:59:00 |
  2. URL |
  3. bananan_bou #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

TBありがとうございました。
貸切状態で、ゆったりできましたね。

亀廣永の「したたり」をご存知のMikiさん、さすが!と思いました。
あれ、また「亀」だわ!
女将が京都で選んできたお菓子ということでしたよね。
京都好きの私たちには、うってつけのお店でした。
楽しかったです。
また、お願いしま~す。
  1. 2008/07/24(木) 00:10:00 |
  2. URL |
  3. よしりん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

こんにちは^^
お写真、綺麗ですね。お洒落な本の特集を見ているようです。
おにぎりのお写真なんて、じ~~っと見ていると涙が出そうになっちゃいます。
手でにぎったものだからかな。何か伝わってくるものがありますね。

横浜に住んでいるのに、三渓園って何??、な感じでした。
こんなスゴい所あるのですか~!!、横浜!!
塔とかある…信じられない~~、茅葺屋根のお家にも行ってみたい!。
あと、「したたり」というデザートも気になります。
寒天が大好きなので、食べてみたいなぁ。。。ううう~~。
  1. 2008/07/24(木) 11:10:00 |
  2. URL |
  3. MasumiDiary #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

私、先日所用で(…遊びです)横浜を訪れた帰り道、高速道路から
「←三渓園」という看板を見つけ、
夫と「なんだろねぇ三渓園て。何やら素敵なお庭みたいな名前だね。」と
言い合っていて、帰ってきてみればMikiさんの三渓園の記事!!
あー、出かける前に読んでいれば絶対寄ったのにな。

それにしても、素敵な和の空間ですね。
どれもこれも、涼しげで美味しそうです。
  1. 2008/07/24(木) 14:10:00 |
  2. URL |
  3. yurinippo #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

こんばんは!
とても素敵なところですねー♪
そして「したたり」に反応しました!亀廣永だっ!!
祇園祭の時のお菓子なのですねー。それは知りませんでした。
とてもシンプルなもののようにお見受けしますが
お味はどうでしたか????
  1. 2008/07/24(木) 22:35:00 |
  2. URL |
  3. chiyomi #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

こんな素敵なお店があるとは存じませんでした!市内に住んでいるとはいえ、三渓園に行ったのはたった2回。小学生の時と、10年位前。他県に住んでいる友達が遊びに来た時に、ここ使える!って思いました。三渓園とセットで。近場で和の世界というと、すぐに鎌倉ということになりますが、横浜市内にも、素敵な場所ありましたね。
  1. 2008/07/24(木) 23:11:00 |
  2. URL |
  3. オルサ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈ばななさん、
まさにズバリです!
正しい日本の夏!ブタの蚊遣りの中には渦巻き蚊取線香もあるし!

私、埼玉在住なので、東京を素通りして訪れた神奈川県(つまり、遠出したのサ、と言いたいわけですが・・・)、フンパツで豪華ランチしちゃいました。

ビール、す~~~んごっく美味しかったです!
やっぱり、ホップがどーの、何番麦汁がこーのと言うより、暑い日に、喉からから状態の時にぐびっ!と飲むのが何よりですね~。
それにしても、見事な顔文字ですのぅ。びっくりだ。
  1. 2008/07/24(木) 23:28:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈よしりんさん、
>また「亀」だわ!
・・・何が「また」ですかぃ。
また、じゃないでしょっ。この日の正しい「亀」はこれだけでしょっ。
まったくもー、この日のよしりんさんの耳には、タコならぬカメが出来ておりましたね。
(どうどう?このダジャレ、どう?)

それにしても、ホントに充実した三渓園訪問でした。
隣花苑も含め、よしりんさんが誘って下さらなかったらなかなか訪れるきっかけがなかったと思います。
あらためてありがとう!
でも、この後のゴージャス・ティータイム、残念ながら写真が「ブログレベル(私の場合、決して高くないのに~)」に達しておらず、記事が書けなさそうです(T_T)
せっかくの三段重ねだったのにぃ~。
  1. 2008/07/24(木) 23:34:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈Masumiさん、
こんにちは!
今後は、一層仲良しでお願いしますね~^^

この日の三渓園お出かけの時は、都合があってイチデジを持って行けず、コンデジIXYで撮りました。
・・・ってしょっちゅう言っているので、いつかIXYがいじけて、電源ボタン押してもonにならなくなるんじゃないかと思ったり^^;

手むすびのおにぎりに目をうるませるMasumiさん・・・うう、優しくて感受性豊かなMasumiさんならではですねぇ。
私が同様のシチュエーションで涙ぐむとしたら、あまりの空腹に、「なぜオマエは実物ではないのだ」と恨んでのことでしょうか・・・。

もっとしのぎやすい季節になったら、お子さんとのお散歩にもよいかも?
「したたり」は、いかにも夏らしい、透き通ったつるっとデザートですよん^^
  1. 2008/07/24(木) 23:40:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈yuriさん、
実は私も、今回よしりんさんから「三渓園のハス」ということでうかがうまで、三渓園って場所について名前ぐらいしか(横浜にあるということすら)知らなかったんですよー。
それに、埼玉在住なので、ひとりだったらなかなか行く気になれなかったと思います。
やっぱ、誰かに誘ってもらうといいですね。

すごくいいところでした。
梅が一番有名みたい。期間もちょっと長いようですし。
紅葉も、12月に入ってからだそうですが、良いらしいです。
隣花苑も、ホントに京都のお店にも負けない(と、私は思ったの)風情あるお店でした。
いつか、是非^^
  1. 2008/07/24(木) 23:50:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈chiyomiさん、
「したたり」、以前真夏に京都に行った時(五山の送り火を見に行った時)、嘉木で玉露を頂いたら、一緒に出てきたお菓子がこれでした。
祇園祭りにゆかりのお菓子、って聞いていますが、夏のお菓子ってことなのかな。

味は、黒糖の風味オンリー。
おっしゃる通り、とってもシンプルな感じです。
でも、琥珀色に透き通って、見た目がとにかく涼しげ!
寒天のつるんとした感じがいかにも夏です。
やっぱ夏は寒天やゼラチンですよねー。
(といって、お中元にもらった大きな箱いっぱいのゼリー詰め合わせを片っ端から消費しております・・・^0^;)
  1. 2008/07/24(木) 23:58:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈オルサさん、
そうですよね、オルサさんはハマっ子でらっしゃるんですよね~♪
横浜ってホント、オシャレな街ってイメージ!
港町ってそういうものでしょうか。明るくて・・・。
鎌倉も近いし、いいなー。

ホントに、他県からのお客様にはうってつけ。
特に和のテイストを好まれる方ならばまず間違いな~し!
お料理も建物も両方楽しめます。
三渓園には、別の季節に是非また行ってみたいと思いました。
最近は温暖化で、横浜の方はあまり雪は降らないのでしょうか(冬もいいかも、なんて思ったんですけど・・・)。
  1. 2008/07/25(金) 00:03:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。