本と旅とそれから 「赤い風船」と「白い馬」

本と旅とそれから

「赤い風船」と「白い馬」



以前、「ザ・マジックアワー」を見に行った時、映画館内に貼ってあったポスターで、この2本の映画がリバイバル上映されることを知りました。
「赤い風船」と「白い馬」。
フランスの映画監督アルベール・ラモリスの傑作で、「馬」は1953年にカンヌ国際映画祭のグランプリを、「風船」は1956年にパルム・ドールを受賞しています。

・・・というようなことを知ったのは、実はリバイバルを知った時もらったチラシを読んだから。
なんと、あの2作がそれほどの栄誉を受けた傑作だったとは。
あの・・・小学校の体育館で見た大昔の映画が。

懐かしさでヨロけながら見に行きました。
小学校の頃、学校で開催された映画教室みたいなイベントで、「赤い風船」は2回見たかな。「白い馬」は多分1回だけ。
どちらも最後が切なく悲しく、風船は割れてしまい、馬と少年は波間に消える。
そのラストとかすかな断片的な映像の記憶と、あとは無限大のノスタルジー。




驚いた、「白い馬」ってモノクロ映画だったんだわ!
私の記憶の中では、最後のシーン、どこまでも青い海と青い空、その狭間に波頭のように真っ白な馬の姿が見え隠れ・・・って、フルカラー化してました。

うわ~、「少年」、こんなに美しかったんだ・・・。
そして、こんなに単純なストーリーだったのか。というか、ストーリーなんかあったんだ・・・。
無声映画だと思ってたけど、少しだけどナレーションやセリフもある・・・。




そして、パリの街並みも違うなぁ・・・。
「赤い風船」の舞台は、パリの中でもメニルモンタンと呼ばれるエリアだそうですが、私は行ったことがありません。

それでも、雑草が生える石畳や、整地されていない空き地などは、今なら絶対にないだろうと思える風景。一方で、おそらくは今も変わらないだろう迷路のような路地。
次にパリに行く機会があったら、是非行ってみたいと思いました。

割れてしまう風船。そして、少年の傷ついた心をなぐさめるようにパリ中から集まってくる色とりどりの風船たち。その風船に導かれて空へ上って行く少年・・・。

その姿が、昔から、天使に救われて空に上って行く人魚姫の姿とダブるのです。




はぁぁぁ~、とため息をつきつつも、自分が感動しているのは作品そのものにではなく、懐かしさにだな、とわかって、何ともいえずホロ苦かったです。

小学生の頃は、見始めてあっという間に「赤い風船」の世界に引き込まれ、風船が割れた時は本当に胸のつぶれる思いだったのに。
「白い馬」では、波間に消えた馬と少年が、死んでしまったんだということがなんだかよくのみこめず、悲しいという感覚がひたすら透明なものだったのに。

今は何だか浅い。作品の香りが心に沁みてこない。
パリの街並みだの、少年が美しいだの、すごく表面的なことばっかり考えて。

なんか、地面が踏み固められちゃって、雨が降っても表面を流れていってしまって沁みこまないみたいな感じです。

リバイバルを見てからもう何日も経っているのですが、いまだに頭の中に「赤い風船」のメロディーが浮かびます。
パリがどこにあるかも知らなかった頃の方が、あの映画を本当に味わえた。

それがしみじみ寂しいなぁ・・・。


►シネスイッチ銀座「赤い風船」のページはコチラ

関連記事
tag: 
  1. 2008/08/05(火) 23:35:00|
  2. MOVIES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/721-ffaacba0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

メニルモンタンに行ってみたくなりますか?
子供のときに見た印象と違うのは、しょうがないにしても
半世紀以上前の映画ですが、いまだに色あせない、そんな
期待してもう一度私も見たいです。

これは高崎のミニシアターでもやるようです。

  1. 2008/08/06(水) 23:05:00 |
  2. URL |
  3. bullet4071 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

以前にご覧なっていたんですね!
僕は初めてなので、近々、観に行こうと思っていたんです。
それにしても子供のころの方が作品そのものを味わえた・・・。
そう気づいたときの“寂しさ”、わかるような気がします。
  1. 2008/08/06(水) 23:24:00 |
  2. URL |
  3. matin_soiree #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

そういえば、私は小学生の時に映画館に行った記憶がまるでありません。唯一あるのは、家の前の広場で、子供のための屋外映画会が一度催され、そこに出かけていった記憶ぐらい。しかもひどいことに、どんな映画だったか全く覚えていません。

子供の頃にご覧になり、心に残っていた映画を、再びご覧になったなんて、素敵なことですね。しかも、当時の感じ方と今の感じ方を比較できるほどにしっかりと記憶に残っていたなんて。子供の頃に、私がそういう映画に出遭っていたら、今もっと頻繁に映画館に足を運んでいるかもしれないな、と思いました。
  1. 2008/08/07(木) 00:03:00 |
  2. URL |
  3. オルサ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈bulletさん、
とっても細い迷路のような路地を、主人公の少年がいじめっ子たちから逃げて駆け回るシーンがあるんですよ。
なんだか、その路地の様子が素敵で。
石造りの建物にはさまれたほそ~い路地って(モン・サン・ミッシェルにもありましたが)、何だか心魅かれるものを感じます。

bulletさんも「再度」ご覧になるんですね!
是非、「再び」の感想をうかがいたいです!
  1. 2008/08/07(木) 05:08:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈matin_soireeさん、
そうなんです。
とんでもなく遠い「以前」に!

なのに、すごく色鮮やかな記憶(というよりむしろ「印象」でしょうか)が残っていました。
――実は「白い馬」はモノクロだったんですけど・・・^^;

あ、かなりネタバレになってしまって申し訳ありませんでした。
いろいろな宣伝パンフなどにも出ているみたいだし、映画が始まると「何となく予感されるラスト」でもあるので、あまり問題はない・・・といいんですけど・・・。

大人になっていろいろなことを知ったうえで鑑賞した方が味わえるもの(私にとっては、例えば寺社仏閣とか)もある一方で、余計な参考知識なしに接した方がストレートに受け止められるものとがあるように思いました。
  1. 2008/08/07(木) 05:12:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈オルサさん、
私は、かなり幼い頃に、母が「ディズニー映画にいろいろ連れて行ったんだけど?」と言うのですが、そちらの方はまるで覚えていないんです。
多分、ディズニーの子供映画を見るにも幼なすぎたんじゃないでしょうか。
ディズニーはあとで高校生になってから、友人と見に行った時の印象がすべてです。

なのに、この2作だけはとっても印象に残っていました。
たまたま、その時の自分の状態と何かがシンクロしたんでしょうね・・・。

オルサさんに言われてみれば、ホントに、あの2作に昔接して感動した経験が、もしかすると私の今の映画好き(というほどには見てないとは思いますが)につながっているのかも知れません。
そう思うと、何だかそれもちょっと感動です。
  1. 2008/08/07(木) 05:17:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

”赤い風船”
日本にいたころにどこかで観て、こちらでどこかの映画チャンネルでやっていたのを観た記憶があります。
また観たいです。

もうひとつのほうは知りません。

昔の映画には、いまの映画にはない”空気”がとじこめられているみたい。
いろんな年齢で似た体験はできても、同じ体験はできない。
でも限りなくそれに近いのが本を読んだり映画を観ることではないでしょうか。
対象は同じなのに、違う、または同じ反応をする自分を観察するのがおもしろいと思います。
  1. 2008/08/08(金) 08:29:00 |
  2. URL |
  3. ymomen #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈もめんさん、
「赤い風船」って、著作権の問題があって、なかなか見られないいわば「幻の名画」だったらしいです。
アメリカではTVでやったんですね~。

ホントですねぇ。
古い映画や写真を見ると、忘れていた古い風景も思い出されてしみじみします。
建物なども、古いものが保存してあるものを訪れたりすると、ものによってはとっても懐かしかったり・・・う、これはオババ化してきた何よりの証拠かもっ。

それにしても、やはり子供の本は子供の頃読む方が感動が大きいような気がします。
子供の頃は、「それがすべて」なのに、大人になって読むと、「それは一部」になってしまうから、かなぁ・・・。
  1. 2008/08/08(金) 23:14:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

今さらながら『赤い風船』観てきました。
メニルモンタンは20年近く前にパリに行ったとき、
用事があって何度か通いました。
古きよき下町って感じで、映画とそんなに変わらなかったような気がします。
TBさせていただきました。
  1. 2008/09/23(火) 23:41:00 |
  2. URL |
  3. matin_soiree #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To matin_soireeさん、
ご覧になったんですね~^^
メニルモンタン、行かれたことがあったんですね!いいなぁ~!
あの、ちょっと迷路のような路地の街並み。
映画で見ていて、パリといっても、何だかエキゾチックな感じがしました。
ホントに行ってみたいです。

私もTB頂きにうかがいます♪
  1. 2008/09/24(水) 21:36:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する