本と旅とそれから いっちばん/畠中恵

本と旅とそれから

いっちばん/畠中恵

相変わらずの「しゃばけ」ワールド(シリーズ7冊目)。
だのに、私はちっとも飽きることもなく、またしても「鳴家、かわい~」とか「兄やたち、ヘン~」とか言って喜んでおります。



いっちばん/畠中恵(新潮社)

ああ、このシリーズってホントに和む・・・。
頁をめくれば、見えてくるのは江戸の大店・長崎屋のはなれ。
妖怪の血をひき、性格はよくて頭もよいのに滅法ひよわな「若だんな」と、大物妖怪の正体を隠して若だんなの守役に徹する二人の兄や。
そして、家ネコが喋れたらこんな感じ?的存在の小型妖怪・鳴家(やなり)がいっぱい。

そして彼らの周りで巻き起こる、ちょっとしたあんなこと、こんなこと。

この、常連の集うお江戸の座敷とそこにあちこちから持ち込まれる事件、という設定は、平岩弓枝さんの「御宿かわせみ」シリーズも同じですね。
もちろん「かわせみ」に妖怪は出てこないんだけど・・・。

こちら「しゃばけ」シリーズの方が和み度合いが上なのは、若だんなが思いっきり大店のぼんぼんなうえ、ひよわなためにロクに自宅のはなれから外に出られもしない、という事情があるから。敢えていえば、若だんながまだ「子ども」のキャラだからですかね。

ただ、それがこのシリーズの素敵なところ、とも言えます。
この緊張感のなさ。こののんびり具合。この安心感。

今回も中編集形式ですが、一番気に入ったのは、「餡子は甘いか」かしら。
若だんなの幼なじみ、菓子屋の息子・栄吉の頑張る日々。
のんびりシリーズの登場人物とはいえ、栄吉には栄吉の大変深刻な悩みがあって、その苦しい状況や切ない心中にホロリとさせられます。

がんばれ、栄吉。
「好きこそものの上手なれ」の諺が、キミにも真実となる日が来るよう、祈っておるゾ。
などと、西武電車にゴトンゴトン揺られながら、思ってました。

いつか、栄吉が美味しいお菓子を作る話を読みたいなぁ・・・。
まあもしかするとそれって、若だんなが丈夫になる話と同じくらいあり得ないのかも知れないんですけどね。


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 畠中恵  しゃばけシリーズ 
  1. 2008/08/29(金) 22:56:00|
  2. 2008
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/734-2a1d4fa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

おお、これは新刊ですか?
しばらくしゃばけシリーズ読んでないですが、久しぶりに読んで私も和みたい~~

畠中さんの別の文庫を買ってあるんですが、まだ読んでません。
それも時代モノみたいで楽しみではあるんですけどね。

栄吉は果たして陽の目を見ることができるのでしょうかねぇ・・・頑張れー
  1. 2008/08/30(土) 00:57:00 |
  2. URL |
  3. lazybug #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈Ayakoさん、
そうです。
先月末日に発売されました。
発売前から図書館に予約を入れておいたため、早く借りられました!
(「『いっちばん』をいっちばんに借りました!というダジャレが言いたいよぅ。)

新宿サブナード内の福屋書店には、「世界でただひとつ!新潮社お手製『若だんなパネル』」というものが展示してあり、若だんなのとなりの女の子の絵の顔のところが開けてあるため、そこから顔を出して写真を撮ることができます。
・・・が、人通りの多い新宿地下街でそこから顔を出して写真撮影しているのを、私はまだ一度も見たことがありません・・・。

栄吉って今、他所のお菓子屋に修行に出ているんだけど、相変わらず餡子が作れなくってねー。このワタシですら、「このヒト、ブッキーすぎ!」とか思うくらいだから相当だよ。
でもどうやら、鳴家がそのお菓子屋に潜り込んでるらしいです。
  1. 2008/08/30(土) 14:51:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

すっかり図書館への予約が出遅れ、50人待ちだそうです…(涙)
早く読みたいよう。
いつもどおり、和むお話が多そうで一安心です。
ってそれ以外はあり得ないか。(笑)
栄吉の話もあるんですね~。
栄吉が上手にお菓子を作れるようになったら、それはきっと最終回ですよ…
  1. 2008/08/31(日) 17:42:00 |
  2. URL |
  3. yurinippo #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈yuriさん、
「ごっじゅぅばん」でしたかー。
シリーズ7冊目になっても、人気が衰えていないようで嬉しゅうございます(←自分がさっさと借りられたものだから。お馴染み、じこちゅー)。
そうだ、私も読み終えたんだから、さっさと返却せねば。次の人が。

栄吉、けなげです。
栄吉がとうとう見事な餡子入りのお饅頭を作り、それを食べた若だんなが元気になって、それを見届けた兄やたちが「若だんな、ご立派になられましたね・・・」とか目に涙を浮かべつつ長崎屋を去って行く・・・てのが最終回かも!
――そんなのだったら、なんか読みたくないですのぅ・・・?
  1. 2008/08/31(日) 21:06:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する