本と旅とそれから ガラスのたてもの ~gvillaちゃんと東京観光②

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガラスのたてもの ~gvillaちゃんと東京観光②




京都からやって来た仲良しブロガーgvillaちゃんとの東京観光は、国立新美術館のミュージアム・カフェから始まりました(「gvillaちゃんと東京観光①」はコチラ)。
お洒落なカフェでのんびりした後は、まずこの美術館の建物を鑑賞。




ご存知の方も多いと思いますが、国立新美術館は、東大の生産技術研究所跡地に建てられました。研究所の建物は、もともと旧陸軍歩兵第三聯隊その他の兵舎として使われていたものなのだそうです(▲美術館内に展示のミニチュア)。




現在は、そのほんの一部が国立新美術館の別館として保存されてます(▲)。
――と、言ってよいものか^^;

こちら側はそれでも昔の面影を残しているようですが、裏に回ると、ガラス張りの壁が。
私はマヌケにもその写真を撮り忘れたのですが、ワカモノの目は見逃しませぬ。

    gvillaちゃん撮影の写真をどうぞ(つらつら日記「東京旅情その2」はコチラ)。

表参道ヒルズの一角にある同潤会アパートもそうなんですが、こういう保存の仕方って、どういうものなんでしょうか・・・。

ま、それはともかく、黒川紀章氏設計の国立新美術館。
青空に映える、美しいたてものでした。




この日はまだ暑かったなぁ。
それにしてもっ!このあと、ミュージアム・ショップをじぃーーっくりと冷やかしてから(買ってない^^;)表参道ヒルズに向かった私たちを、衝撃の事実が待っていたのでした・・・。


国立新美術館・建築の紹介ページはコチラ

関連記事
tag: 
  1. 2008/08/30(土) 14:45:00|
  2. 全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/735-c113e0e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

なんだかんだ言っても、やっぱり黒川紀章さんは偉大だったですね。
建築家としては。
このガラスの曲線美。
誰もが考えられる形ではございません。
あの晩年の政治活動さえなかったら・・・・。
旧陸軍歩兵第三聯隊の兵舎というと、夜は怖い気がします。
たぶん「出る」と思います。
紀章さんも、兵隊さんたちに混じって一緒に出てくるかもしれませんね。
  1. 2008/08/30(土) 17:19:00 |
  2. URL |
  3. よしりん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈よしりんさん、
黒川紀章さん、最後にあの都知事選出馬というのが非常に奇妙に映りましたよね。
私、詳しい背景を何も知らないんですけど、あれって、石原慎太郎氏のアンチテーゼとして敢えて立候補したんじゃないのかな、なんて思ってます。
どの程度政治をするおつもりがあったのか・・・。

新国立の建物、綺麗でした。
設計する人も素晴らしいし、それを実際に作り上げてしまう人々も、実に偉大ですね。
漠然と「こんな感じのビルがあったらステキだろうな~」と思うのと、それを形にしてみせることの間の遠大な距離を感じますです。

うむうむ。わかります。
なんかね。ちょっと涼しい風の吹く夜おそーくとかね。
ふと耳をすますと、ざっざっと軍靴の行進する音とか聞こえたり。
きゃー。
  1. 2008/08/30(土) 22:18:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

こんにちは^^
先日のカフェの記事を拝見して興味を持ち、実は新国立美術館のサイトをこっそりと見ていました。
黒川紀章さん、スゴいですね。
今まで建築物に興味を持つということが全くありませんでしたが、アートと建物とが結びついた感じでした。
カフェの3階と2階を見て、なんだか、スターウォーズの映画を思い出しちゃいました。CGとしか思えないですよ。感動しちゃいます。実際に行ってみたくなりました。
  1. 2008/08/31(日) 11:31:00 |
  2. URL |
  3. MasumiDiary #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈Masumiさん、
そうですね~。スターウォーズっぽい。ホント。
レイア姫がルークに"Good luck!"とキスしてターザンみたく向こう側に飛び移るシーンとか、思い出します!
あの映画も、今となっては「古い」映画ですよねぇ。
そうそう、映画ではCGだったんですものね。
新国立HPの写真だと、上から(一体どこからなのか・・・)撮っているから、一層SFみたいですよねー。

地味な展覧会の時は、カフェも結構空いているんじゃないでしょうか。
ポール・ボキューズのディナーとか(すごく貯金が必要だけど・・・^^;)行ってみたいなー。
  1. 2008/08/31(日) 21:01:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。