本と旅とそれから ジーン・ワルツ/海堂尊

本と旅とそれから

ジーン・ワルツ/海堂尊


つい先日、都立墨東病院の事件が話題になったばかりだったので、タイムリー・・・という表現もあまりに不謹慎でしょうか。
ジーン・ワルツ/海堂尊(新潮社)

そ、それにしても、どれだけ待ったんだ、この本が手元に来るまで。次の「ひかりの剣」も、また予約待ちは20人オーバーです・・・。

作中では、東京都だけはまだ物事がトラブルに至っていないがそれは例外的であって・・・といった主旨の話が出てきますが、その東京都下での墨東病院の一件。


海堂さんが、どんな思いであのニュースを聞かれたことだろうかと考えてしまいました。

1冊のこの本に、何と多くの医療を巡る深刻な問題が盛り込まれていたことでしょうか。
産婦人科の医師不足。代理母。国の少子化対策。不妊治療への援助。医療事故における医師の刑事責任。
中でちょっと興味深かったのが、「白い巨塔」への批判的な目。

これはつまり、権力闘争のみの場と化した大学の医局制度への批判・・・ではなくて。
医局制度というものを、そのようなものとして描き、あまり大きなインパクトと共に広く受け入れられてしまった、小説「白い巨塔」への苦言なのです。

さすがに、そうはっきりとは書かれていないけれど。
現実にはありもしない「白い巨塔」的ものを改革せんとする政治の愚を、海堂さんは苦々しくとらえられているようでした。

前半は不妊治療の話がメインで、どうも重苦しいので、こりゃー、海堂作品で初めて好きになれない本になるだろうかと軽く失望を感じたのですが、後半はやっぱりよかった。
障害ある子供の出産に、末期癌で死の淵にある産婦人科医が力を尽くす。

細かく書くとあまりにネタバレで罪深いのでやめますけど、この場面は、ワタクシ、カフェで読んでいてうるうるきちゃって困りましたです。

正直なところ、ラストの主人公(「医学のたまご」の薫クンのお母さんでしたよ!)の意見は、とてもとても進歩的で、私には一部「こりゃちょっと共産主義がすぎませんか」って感じがしたのですが、おそらく、それに倍する強いもどかしさを、海堂さん・・・や、現場の医師たちは、現状に対して抱いておられるのではないかな・・・。

それにしても、今回もあらためて感じた海堂さんの筆力。
これだけ山なす社会問題を、ひとつのストーリーにまとめあげていくその力に脱帽です。

きっと海堂さんは、小説を書くという行為を通して、闘っておられるのですねえ。




My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 海堂尊 
  1. 2008/11/04(火) 20:45:00|
  2. 2008
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/776-a2dbf587
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

ジーンワルツは”医学のたまご”の薫君、ひかりの剣”の清川先生と繋がっています。
細かいところで、いろんな人たちが関連しているんですよね。
バチスタのTVや映画はやっぱり、白鳥圭介が阿部寛や仲村トオルで少々納得いかない・・・

死因不明社会は斜め読みしただけですが、そのほかはみんな読んでます。
今極北クレーマーという、田口、白鳥シリーズではないもので、週間朝日で連載している
ようですね。
  1. 2008/11/05(水) 00:23:00 |
  2. URL |
  3. bullet4071 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ジーンワルツ、タイムリーでしたね。ウラヤマシイ!
私の予約順は、まだまだ霞の向こうです。来年かなあ;;
墨東病院は、都内ということもあり、ショックでした。死因不明社会も含め、現場のお医者さんには訴えたいことがたくさんあるのでしょうね…
ペンで闘う海堂さん。白鳥とか書くことで、ストレス解消になっているのかな。
  1. 2008/11/05(水) 08:53:00 |
  2. URL |
  3. たこΩ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

私も電車で読んでいてうるっときました。
もともと涙もろいのですが、母になって今まで以上にその状況に身が入ってしまいました。。。
一生懸命に職務に励んでおられるお医者様たちのために、私たちに出来ることってなんだろうと考えさせられています。

それにしても、私も白鳥が阿部寛や仲村トオルなのは納得がいかない(笑)
そんなにハンサム風な描写、ありましたっけ???
  1. 2008/11/05(水) 20:20:00 |
  2. URL |
  3. tmk_hys #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To bulletさん、
おりょ、「ひかりの剣」はDr. 清川なのですか!
海堂さんがお好きそうな、洒脱で腕のいいドクター像ですね。
TVのぐっちーは、ちょっとちんちくりんすぎる気がします。
仲村トオルさんと対照的なキャラにしようということなのでしょうか。

私は、白鳥氏とDr.いらぶーはほとんど人物像がイコールなんですけど・・・。
どっちも、ぶよよんとした生っちろい男性のイメージなんだけどなぁ。
映画化、TV化というと、どーもわけわからんキャスティングありますよねー。

私も海堂作品は全部読みたいです~。
でも、図書館のカミサマの言う通り!ですので、いつ読めるかはまるでわかりまへん(T_T)
  1. 2008/11/05(水) 20:39:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To たこさん、
そして、「図書館のカミサマのなすがまま、仲間」ですよね、ワタクシたち。
この本ねー、半年・・・いや、もしかしてもうちょっと待ちましたよ!
「ひかりの剣」なんて、いつになるんだろー。
でも、複本だと思うんで、なんとか、来年上半期ぐらいには・・・(謙虚な願い)。

今日もまた似たようなニュースが報道されてましたね。
杏林大学病院・・・しかも、重要な情報を伝達した、しないの水掛け論みたいで。
その結果、人が死ぬっていうのがたまりませんね。
白鳥氏には、ばしばし語って欲しいです(^0^)
  1. 2008/11/05(水) 20:44:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To tmk_hysさん、
そうでしょうね~。
ちょうど、状況的に、tmk_hysさんはものすごく共感できるものがおありですものね。
医療サービスを利用する側としては、ものすごく常識的なことぐらいしかできないと思ってしまうんだけど(急がないのに救急車を呼ばない、とか)、お医者さまの視点から何か指摘してもらえるなら、もっと広く報道して欲しいですよねー。

思い出しましたよ、tmk_hysさんって、本を読むのがとっても速いんですよね^^
羨ましいなー、って思ったんだった。
今はどんな作家さんがお好きなのでしょうか。

白鳥調査官は、全然カッコイイ男性には描かれていなかったと思いますです。
サラリーマンNEOでコントやってる俳優さん(名前わかりません)とか、イメージなんですけど^^
  1. 2008/11/05(水) 20:53:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する