本と旅とそれから 半兵衛麩「むし養い」

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

半兵衛麩「むし養い」




これまでにも何度か書いてきましたが、ワタシ、生麩、好きなんですよねぇ。
あのもっちりとした独特の食感が大好きなのです。
でも、関東では――デパートに行けば、まあ大概手に入りますけど・・・。

秋の京都の最終日、お昼はその生麩を思いっきり食べよう!と、老舗に足を運びました。


京の五条の橋の・・・上、じゃありませんが、すぐ近く。
半兵衛麩、といえば有名だと聞きますが、関東ではなかなかお目にかかれないかと。

本店のたてものは、歴史を感じさせるたたずまい。大好きな嵯峨菊が飾られております。




玄関のうす暗さにさえ風格を感じてしまうワタクシ。
飾られているお人形は、やはり、京の五条の橋の上――牛若丸と弁慶。




ちらりと見える素敵なお座敷には、残念ながら入れません^^;
麩料理が頂ける茶房は、奥の明るいスペースです。




テーブル席もありますが、私はひとりでしたのでカウンターへ。
たまたま真ん中で、掛け軸の真ん前でした。

お料理の種類はひとつだけ。「むし養い」料理。
はらの虫をおさめる――つまり、小腹が空いた時に頂く軽食、という意味だとか。




まず出てくるセット。
こういうお弁当風の仕立てって、何だかお菓子の詰め合わせみたいで見るだけで楽しゅうござります^^。




こまごました細工麩がいろいろ。
真ん中の白い丸いのは、以前しのちゃんが送ってくれたことのある利休坊(コチラ)。
中にゆり根やらぎんなんやら入ったかやく麩です。

・・・それにしても、自分のメモの怠惰ぶりに唖然とするただ今現在!
「写真見て思い出せや~」という、後日の自分に面倒を押し付けようという姿勢がありあり。
12月4日時点の自分にハラが立つぞよ。




こちらは生麩のしぐれ煮。
お土産にも買ってきました。商品名は「禅」といって、私には難しすぎる説明付き。
同じ味なんですが、やっぱりお店で食べた時の方が美味しく感じられました・・・。


汲み上げ湯葉




こちらは湯葉の揚げ物。
あ、半兵衛麩は、麩だけでなく、湯葉の専門店でもあります。
HPで知ったんですけど、麩と湯葉は、どちらも中国からの伝来品なんですって。ほ~ぉ。




よもぎ麩の白味噌仕立て。
これは大好きで、うちでも、真似したものを時々作ります・・・って、生麩が買えた時だけ。
これに、TOP画像の「生麩と湯葉のみぞれ椀」が付きます。

むし養い・・・小腹が空いた時にちょこっと・・・てそれ、京都風謙遜言葉なのかな?
だってこれ、結構なボリュームです!

カウンター席で隣り合わせた、やはりひとりで来られていた女の方とちょこっと言葉を交わしたのですが、「日本人でよかったわ~」と言って立っていかれたのが印象的でした。




この「むし養い」、いかにも観光客向けという感じもするメニューではありますが、生麩やら湯葉やら食べたい方にはよろしいと思いますよ~。
お値段その他は、HPをご覧下さいまし。




ちなみに、隣接する洋館が店舗になってます。
関東では・・・いや、埼玉・所沢界隈ではなかなかお目にかかれない品ばかり並んでいるのでついつい手が出ちゃって。

生麩というのも、和菓子同様、季節とともに品揃えがくるくる変わるのですねー。
てことは、「むし養い」の細部もきっと・・・。また行くかも~(だって生麩が好きなんだもの)。

[2008年12月4日(水)訪問]


半兵衛麩HPはコチラ

関連記事
tag: 
  1. 2009/01/13(火) 21:51:00|
  2. 京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/812-4c1ae13a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

ほぉほぉ。「むし養い」ですか~。
うちらんとこで言うとこの「虫押さえ」やな。

生麩と湯葉っていかにも「京都」って感じがしますね。
見た目も美しくて、おししさも倍増のお料理にさぞかし満足されたことでしょう。
そんなシアワセ時間、メモなんて忘れちゃいますよ(笑)
それにしても、お写真見てたら小腹が空いてきました。
「むし養い」が必要かも。
  1. 2009/01/13(火) 22:27:00 |
  2. URL |
  3. bananan_bou #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To ばななさん、
虫・・・って言葉。もちろん昆虫類って意味はありますが、そこから出てほかにいろいろ意味がありますよね。そこに長~~い歴史を感じたり・・・(唐突ですが)。

ひとりでカウンター席で、写真撮ったりメモしたり、やはり私は変人でした。
その引け目のせいで、ココロゆくまでメモを取れなかった・・・わけではなく、やっぱりめんどくさかったんやね。わっはっは(ごまかしきれない)。

ばななさんの「むし養い」は何かな。
ばななかなっ(これも一種のオヤジギャグ・・・)?
  1. 2009/01/13(火) 22:39:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

これが噂の「半兵衛麩」ですか~。
以前の職場に、京都へしょっちゅう行かれる姉さんがいまして、呪文のように「半兵衛麩、半兵衛麩」とおっしゃっていました。
本店はなんとも趣きのあるお店ですね。
「むし養い」とは、また、京風な言い回し。
私のむしは「泣き虫」の虫かなあ。
でも、こちらの「むし養い」をいただいたら、すぐににっこり、笑い虫になれそう。
  1. 2009/01/13(火) 23:29:00 |
  2. URL |
  3. よしりん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

職場からすっごい近いけど行ったことないや。。。
今度おねえさんでも連れて行ってあげようかなぁ。なんて思ってしまった。
こういうところって地元の場合、デートで行くか客人と行くかじゃないですか。
私の場合はそうなんです!!
だから客人といこ~っと。
でも、麩は大好きで~す♪
  1. 2009/01/13(火) 23:43:00 |
  2. URL |
  3. gvilla #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

生麩も湯葉も好きです。こういうお店、京都らしくていいですね。
どれも薄味で繊細な味なんでしょうね。お店の凝った料理を食べたいものです。

日持ちしないけれど、京都好きの叔母に送ろうかしら。
めずらしいからギフトにも喜ばれそうですね。
  1. 2009/01/14(水) 00:24:00 |
  2. URL |
  3. 創 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

こんにちは。
趣のあるいいお店ですねえ。
確かに「むし養い」とは言えこれ一人で食べるとなると…かなりの大食らいの私が面食らう状態ですね…。しかも味だけでなく目にもおいしいとなると、最高ですね。
こういう状態になると、写真も忘れて食べてしまい、半分くらい食べちゃってから、すごい時は全部食べちゃって「あ、しまった!!」と必ず後からなってしまうんですよね、私…。
  1. 2009/01/14(水) 08:21:00 |
  2. URL |
  3. タピアン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title


こんばんわ
mikiさんは美的に味覚も
素晴らしい才能をお持ちなのでしょうね。

ま、すき焼きの生麩は
うちではかならず入れますよ。
味が染みこんで美味い(笑)
すみません、生麩本来の味は
よくわかりません(汗)



  1. 2009/01/14(水) 22:09:00 |
  2. URL |
  3. 松風 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To よしりんさん、
>京都へしょっちゅう行かれる姉さん
・・・て、よしりんさんご自身のことじゃなくて、ですよね、もちろん?^^
この半兵衛麩本店、「へぇぇ~」と思ったのは、店の中が通りからは見えないようになっているんですよ。
ふつう、大きいお店ってある程度ガラス張りにして内を見せるものですけどね。
いかにも古くからあるお店、って感じでした。

あら、よしりんさんは泣き虫さんなんですか?
笑い上戸で泣き虫ですかー。
私は、出来れば本の虫あたりが。・・・でも、本の虫って、実際の虫もいるそうですね。
  1. 2009/01/14(水) 23:05:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To gvillaちゃん、
うんうん、すごい近いよね。
だってこの日この後、私、お店からgvillaちゃんの職場まで歩いたものね。
距離感がよーっくわかりましたです。

お義姉さんを連れていってあげれば、優しくて気のつく義妹度UP間違いなしだ!
でも別にデートだっていいと思いますけどぉ~?
地元の人は、わざわざこういうお店で食べたりしないのかなぁ。
あっちでもこっちでも売っているから、おうちで料理すればよい、ということでしょーか。
  1. 2009/01/14(水) 23:08:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To 創さん、
え、その叔母さまって、以前創さんがオシャレな手作りアクセサリー(でしたよね)をプレゼントした、同じ方ですか?
んも~っ!何てステキな姪っ子なの、創さん!
(その話をうかがった時にも言いましたけど)いつか姪っ子MMも、そういう姪になってくれる日が来るのでしょうか~。

それにしても、読み返してみると、ほとんど味のこと書いてなかったですね^^;
そうそう、薄味で美味でした。
  1. 2009/01/14(水) 23:11:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To タピアンさん、
このお店に行ったのは秋の京都旅行の最終日のランチで、実を言うと、この旅行では初日から食べるわ飲むわで連日すごくって、すでにこの時点ではかなりおなかが疲れている感じだったんですよー。
洋食だったらあんまり入らなかっただろうと思うんですけどね。
さらっとした和食だったので結構食べられました。
ボリュームはあったなー。
私、お酒が入らなければ比較的写真を忘れない方だと思うんですけど・・・。
こちらのお料理は、小さな細工麩のひとつひとつを全部説明してくれるので、メモ取りが面倒くさくなっちゃいました^^;
  1. 2009/01/14(水) 23:20:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To 松風さん、
>素晴らしい才能
ん~、まあ、オヤジギャグだったら結構いけるかも・・・って、もしかしてそれすらも自惚れのような気がいたしますが!
美的・・・ありえないし、味覚の点では、「違いのわからない女」を自負しております。
ファストフードもコンビニスイーツもまるでOKですし~。

生麩って・・・身の回りの友人に特に訊いてみたことないんですけど、関東ではホントにあんまり見かけない気が。
私は、白味噌仕立て、田楽、野菜との炊き合わせ・・・ぐらいでしょうか。あとはおせち料理の彩り、ぐらいで。それも大抵は、京都で買って来たのを冷凍して使ってまーす。
  1. 2009/01/14(水) 23:35:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。