本と旅とそれから 「おくりびと」

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「おくりびと」




アカデミーを獲らなかったら、きっと見ることはなかったと思いますが・・・。
題材が題材だけに――ボロ泣き。
死者への愛と敬意に満ちた映画でした。

ある程度の年齢になれば、誰でも、身の回りに「死」にまつわる思いがあるはず。
思い出の中の「死」、そして、そう遠くない将来、直面するはずの「死」。
過去の「死」を思い出し、将来の「死」を切実に思い描く。
――映画を見ている間じゅう、そして見終わってからも、その心の作業が止まりません。

私も、祖母の葬儀の日火葬場で、棺の窓が閉じられ焼却炉に入れられる時、係の男性にきっぱりと言い渡された「お別れでございます」というひと言が、鮮やかに思い出されました。

「人は死んだらどうなるのか」

・・・だなんてアナタ、「人は何のために生きているのか」と似たようなもので、今さらあらためて訊かないでよ、てな質問ですが。
消えてなくなるんですか?星になるんですか?
最近の流行で言えば、千の風になるのでしょうか?

が、映画で描かれるのは、去る人ではなく、送る人。




死とは不吉なもの、穢れたもの。
きっとそれは、未知のものを恐れる人間が、目をそむける口実として無意識のうちに作り上げた概念なのではないでしょうか。

目をそむけるのではなく、しっかりと見つめることで、死を新たな旅立ちの時とする。
日々「死」と向き合うことを職業とした人でなければ、思い至ることのできないその境地。
その悟りにも似た静謐の世界が、心を揺さぶります。

・・・しかし、切なすぎるかも。




新宿のピカデリーって、つい最近リニューアル・オープンしたんですね~。
座席指定のシネコン・スタイル。いやー、便利便利。
土日だろうが映画の日だろうが、オンラインで予約ができます。
6本見れば、1本タダだし~(早速会員になりました♪)^^

なんか、ガンガン映画見ちゃいそうでちょとコワイ。

そういえば、「鴨川ホルモー」の予告やってました。
オニ!わらわら走り回ってましたよ、鴨川べりやら先斗町やら。逆茶巾絞りアタマで。

映画「おくりびと」公式サイトはコチラ

関連記事
tag: 
  1. 2009/03/11(水) 21:57:00|
  2. MOVIES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/842-f76b3ab2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

そうですか、よかったですか。最近、邦画もあまり当たってないから、久しぶりに見てみようかな?DVDデ・・・(ボソ
何年か前におおばーちゃんが死んだとき、ずっと平気だったのに棺を出すときになって、顔のデッサンが狂うくらいにいきなりボロボロになって泣きました。勝手な解釈かも知れませんが後に残される人、生きている人のほうがつらいんじゃないかって、そのとき思ったんですよね。おおばーちゃん、死に顔安らかだったしな~。
  1. 2009/03/12(木) 02:23:00 |
  2. URL |
  3. ぐん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

話題になってますねえ。
わたしも見たいです。

ジャニーズのモックンがちゃんとした俳優になったんですねえ・・・。
  1. 2009/03/12(木) 08:50:00 |
  2. URL |
  3. ymomen #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

私も
>アカデミーを獲らなかったら、きっと見ることはなかったと思います
・・って、まだ見てなくて。きっとTVで放映してはじめて見そう。
笑えるシーンがけっこうあるって聞いてました。
Mikiさんの琴線に触れる場面も数あるんですね。
  1. 2009/03/12(木) 13:54:00 |
  2. URL |
  3. ruksak #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

あー、わたしも、見に行きたいと思ってました。
年に1度行くか行かないかの、映画館に行って見たいと思ったので、アカデミー賞ってすごい影響力です。
祖母は、まだまだ元気で、でもわたしの方が先に逝くということは、あってはならないことなので、
送る人になるんですものね、、、
イヌたちが天寿をまっとうする日だって、20年先ということは多分ないので、あっとゆう間です。
映画を見てきてから、またお話させて下さい!

「夢見る」読み終わりました^^
最後の展開、早かったですねー!
アラ?アラ?っと、ゆう間に、終わってました。
ジョーのキャラに、あまり惹かれなかったなぁ、、、
エ?Mikiさん、はるな愛知らなかったですか?
テレビをつければ、いっぱい出てるんですよ~。



  1. 2009/03/12(木) 15:12:00 |
  2. URL |
  3. やぎこ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

私もアカデミー賞と聞いて昨日見に行ってまいりました。(笑)
トラックバックいただきますね!
おお!私の見た映画館では鴨川ホルモーの予告編はやってなかった!!
見たかったなぁ、て本編見ればいいんですよね~~。
もうすぐ、鴨川ホルモーとかフィッシュストーリーとか重力ピエロとか、
原作が好きな映画の公開ラッシュでございます。あとレッドクリフPart2もあるしな。
私も、6本見ると1本タダの会員、入ってますよー。ポップコーンももらえるの。(笑)
  1. 2009/03/12(木) 16:38:00 |
  2. URL |
  3. yurinippo #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

見ていない映画なんですよね~^^;
でも日本を代表とする映画になったんですもん。
映画館で観てみたいと思います。
親しい人との別れを経験したことがあるとなおさら胸に迫ってきそうですよね。
死者を送り出す儀式をすることで死者への鎮魂と
そして見送る人たちの心も安らかになると思います。
これは一人で見たほうがいいのでしょうかねえ。
  1. 2009/03/12(木) 20:13:00 |
  2. URL |
  3. mattya-genmaitya #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To ぐんさん、
機会があったらご覧下さいまし。
数十年後に振り返って、「これが日本のアカデミー賞受賞作品第1号でしたねぇ」なんて言う時がくるのでしょうか。
でも、ノーベル賞と違って、そうそう同じ国の作品が獲れないかも、ですね。

お葬式の思い出って、やっぱり切ないというか、つらいものですよねぇ。
私なぞ、TVで葬儀屋さんのCM見るのもちょっとな・・・(「ありがとう・・・」とかいうヤツ)。

>顔のデッサンが狂うくらいに

す、すごいわかる描写です。
自分でも思いがけず、という感じだったでしょうか。
でも、絶対、泣けた方がいいですよね。少しだけでも、楽になれますよね~。
  1. 2009/03/12(木) 21:53:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To もめんさん、
しぶがき隊で踊っていたモックンを見た世代としては、感慨深いものがありますよね。
まあ、彼はあの3人の中でも、特に雰囲気があった気も(今となってみれば)しますが。
すごくいい感じでしたよ。
アカデミーを獲ったことですし、きっとアメリカでも上映されますね。
ご覧になったら感想UPなさって下さいねー。
  1. 2009/03/12(木) 21:55:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To ruksakさん、
来年ぐらいになったら、TVに出るでしょうか?
サイズ的には、小さい画面で見てもあまり問題はなさそうな内容か、と。

ふふ、ちょっと笑わせるシーンもあります。
モックン、そういう演技はもともと上手な俳優さんなのだと思います。
音楽が、ジブリ作品でお馴染みの久石譲さんで、綺麗なメロディーです。
死者との別れのシーンが何度も出てくる映画で、その度に泣かされます。
特に泣き上戸の人でなくても、ハンカチ必携、という感じです^^
  1. 2009/03/12(木) 22:00:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To やぎこさん、
アカデミー賞を獲るということは、世界的に話題になる作品、ということですものね。
やっぱこう、見ておこうという気になりますよね!

おばあさま、お元気なのですね、羨ましい(って、やぎこさんお若いもんね^^)。
やっぱり、いずれ別れが・・・とかって、考えたくないですよね。
ワンちゃんたち、やぎこさんはすごく大切にされていますものね。家族ですものねー。
イヌの1年は人間の7年・・・でしたっけ?
生と死は不可分のセットとはいえ、やっぱふと思うと切ないものです。
ご覧になったら、また是非感想を聞かせて下さい。楽しみにしてます!

>はるな愛知らなかったですか?

でへ、私、疎いんですよ、TVタレントさんたちのこと。
先日だって、姪っ子が矢島美容室がパオパオどーのこーのって言った時、「どっかの美容室のCMソングか?」と思って、ぜんっぜん話がつながりまへんでした。
・・・後で、ふとしたことからTVで見かけてびっくりした・・・。
こんなワタシですが、今後ともよろしくだす~<(_ _)>。
  1. 2009/03/12(木) 22:10:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To yuriさん、
ご覧になりました?
あ、トラバありがとうございます。後でこちらからも送らせて頂きますね!

「鴨川ホルモー」・・・踊ってましたよ、吉田神社で(^0^)
それと、リチャード・ギア主演で「ハチ公物語」がリメイクされるのにもびっくりしました。
向こう版でも、やっぱりイヌは柴犬っぽいので、「ハチ」って名前だった・・・。
え、「重力ピエロ」も映画化されるんですか?
ワタシ、あれ、原作が伊坂作品の中でも特に好きなんですよー。
「フィッシュストーリー」は、映画のストーリーをどっかでチラと読んだんですが、「あれ、原作ってこういうストーリーだったっけか?」と、よくわかんなかった^^;
ワタシの頭の中に住まうアルツ君は、年々優秀になっちゃって、もうお手上げっ。

ええっ?!ポ、ポップコーンまでもらえるの、yuriさんとこの映画館はっ?
あとで、ピカデリーの会員の手引き、もいちどじっくり読もう・・・(たぶんもらえないT_T)。
  1. 2009/03/12(木) 22:16:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To mattyaさん、
わぉ、コメントありがとうございます~~^^

とうとう獲ったか、アカデミー、って感じですよねぇ。
昔は邦画なんてまず見ませんでしたが、最近は結構ちょくちょく行ってます。
マンガやアニメばっかりじゃなくて、映画でもどんどん世界進出して欲しいです!

なんか、あのモックン(と、その上司役の山崎努さん)の丁寧な所作を見ていると、送り出す時は、すべてが浄化されて、美しいものだけが残されているような、不思議な気がしてきます。
なんだか、すべての邪念を締め出す茶室の空間に通じるような・・・?

見るなら同世代と、という気もします。
あんまり年上の人と見ると、感想を話し合うにも泣けちゃいそう。
  1. 2009/03/12(木) 22:24:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

Mikiさんの感想を伺ったら、余計に観に行きたくなりました。
ハンカチ必要かも?!
年の近い、親しい友達がガンにかかってしまって、おっぱいを全摘しないと助からないと宣告されてしまいました。
ショックを受けました。
人の命は有限。
自分もいつかはあの世へいく
その事実から日頃は目をそむけ、あまり考えないようにしています。
モンテーニュはいつもいつも死について考えていたほうが、いざその時になって慌てないですむなんて、『エセー』の中で言っていますが、凡人には無理。
でも、この映画は、その死について、いろいろ考える貴重な時間を与えてくれそうです。
  1. 2009/03/12(木) 23:01:00 |
  2. URL |
  3. よしりん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To よしりんさん、
ハンカチ必携!
よしりんさんは目が大きいから、涙も多そうだし~^^。

よしりんさんのお友だち、たとえ苦しくても、まだお若いんだし、治りますように。
身近な人の「死」って、本当に「生」について考えさせられますね。

私などは、まあ身軽な身の上っていうこともあるのでしょうが、自分自身の死より、周りの人の死の方が怖い気がします。
・・・いや、それは、自分の死というものをはっきりとらえられていないだけかしら。
死についていつも考える、という話、私もどこかで聞いたことがありますが・・・モンテーニュだったっけ・・・?
いかん、ここでもアルツ君がいい仕事しちゃってます。
なんか、いつも死について考えたりしてると、ウツになるんじゃないでしょーか・・・?
それは凡人だからかも・・・?
  1. 2009/03/12(木) 23:46:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

mikiさんのブログ見て、私もアップしなくちゃ~って早速しました。

素晴らしい映画でしたね。邦画って素晴らしいですよ~ここ3,4年は邦画をよく観ています。あのチェロがなんとも素晴らしく、じゅわ~ってきます。

関西は多分、湯かんかな?父は湯かんをしてもらいましたよ。
手際よさに見とれてました。いい映画でしたね、本当。
  1. 2009/03/13(金) 19:09:00 |
  2. URL |
  3. tomate11 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To tomateさん、
うんうん、表現力あったよね~。
しかも、小難しくしないで、広い意味において「楽しめる」作品になっていたのもお見事でした。

邦画って、伊丹十三さんが登場する以前は、ホント低迷してたと思います。
日本の映画なんてつまらん、って感じで。お金払って見る気になんなかったもの。
でも、最近はステキな作品がいろいろ出てきましたよね。嬉しい^^

私もtomateさんの感想を読ませてもらいにうかがいま~す!
  1. 2009/03/13(金) 21:21:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ああ~!これ今度見るんです。
今度見るので何となく読まないでおこうとおもいつつ、読んでしまいました(笑)。

4月にイタリアの極東映画祭に行くんですが、そこでこの「おくりびと」も上映されるそうで。
イタリアでは極東映画祭がおくりびとのお初上映だそうで。
楽しみです^-^。
  1. 2009/03/15(日) 08:47:00 |
  2. URL |
  3. 木蓮 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To 木蓮さん、
映画を見にイタリアへ・・・ああ、なんてオシャレ。
他にもいろいろご覧になるんでしょうねー。
私も、ピカデリーの会員になったことですし、「新宿に行って」いっぱい見るぞ~。
いいんです、すごく近くてもっ。

きっと、冒頭のシーンは外国の方にウケることでしょう。
木蓮さんの感想はもちろんですが、周囲の外国の皆様の感想など、教えて下さいね^^
  1. 2009/03/15(日) 23:28:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。