本と旅とそれから 恋文の技術/森見登美彦

本と旅とそれから

恋文の技術/森見登美彦


こっ、これはワタクシ的に、これまで読んだ森見作品の中で1、2を争うヒットです。
さっそく、「ヒツジのいる本棚(お気に入りの本のブクログ)」に登録しましょう。

恋文の技術/森見登美彦(ポプラ社)

中学生の頃、「書簡体小説」という言葉を習いました。
本書はソレです。
・・・書簡体・・・ええ、まあ。
つまり、手紙ですね。


書簡体小説に出てくる手紙というのは、いつもとてつもなく長文ですね。
ふつうの便箋に書いたら一体何十枚になるのやら。
三つ折で封筒になんて入らないに違いない。
しかも、ワープロ使ってるとは思えないので、全部手書き?う~む。

メール全盛の昨今にあって、手紙という意思疎通手段はかなり時代遅れの感があります。
そして私はその手紙というものが大好きなのでございます!
さすがの私も今はほとんど書かなくなりましたが、かつては、本書主人公守田一郎クンも顔負けのヘビーなお手紙ライターでした(今はブログがそれに替わっているかな)。

彼のような吹き出し笑い3連発、みたいな手紙は到底書けなかったけれど・・・。
この本、電車の中では読めない類いですよ~。

しかし、この本が、森見さんの前作「美女と竹林」と大きく違うと思う点は、その暖かさ。

「美女と竹林」は、森見さん得意の変幻自在の日本語操作術が行き過ぎているように思えるところが多々あり、正直なところ、「そこまで行くと面白くない」と思うこともありました。
でも、本書は笑いが暖かい。そしてバカバカしく楽しい。

見事なまでのアホぶり。
そしてその向こうに透けて見える、様々な愛情。
中でも妹への手紙には、笑いとともにうるっと涙も感じました。こんな兄、いいな。

最後に誇らしげに提示された、文通武者修行の成果たる一通。
すがすがしいアホぶり。お見事です。




My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 森見登美彦 
  1. 2009/05/13(水) 20:23:00|
  2. 2009
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/889-819bc439
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

「恋文の技術」、読み終わってのホノボノとした感じが良かったです。
文通相手も、これまたヒトクセもフタクセもあって…。
「私史上最高厄介なお姉様」というのも、いいですよね。目指してみたい、こんなお姉様。
本を読んでいたときは気がつかなかったけれど、確かにこの手紙はブ厚かったでしょうねぇ。
メール全盛のこの時代、郵便配達のヒトの間でも、有名になったんでは?
「うわー同じヒトから2日に3通って、どういうこったい!」とか。

トラックバック、送らせていただきました~
  1. 2009/05/14(木) 15:14:00 |
  2. URL |
  3. たこΩ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To たこさん、
昨日から、たこさんとこに何度もトラバ送ろうとしてるんですが、送れまへんの(T_T)。
どーも、エキブロ、トラバが送れないこと多いのだなぁ・・・。
朝とか、空いてそうな(?)時間にまた試してみますね?

>読み終わってのホノボノ

そうそう^^なんかあったかかったですね♪
守田クンの手元には、どんな返事が来ていたんだろうかなぁ、と思ったり。
この厄介なお姉さまとのやり取りは、これは根底にかなり大きな愛の関係がないと成り立ちませんねぇ~。お互い、何を書いても誤解されない、憎まれない、という・・・。

私がヘビーお手紙ライターだった頃(当然、ヘビーお手紙レシーバーでもあったわけですが)は、時々番地の全部抜けた手紙とかが、ちゃんと届いてました。
きっと郵便屋さんも呆れていたに違いない・・・。
  1. 2009/05/14(木) 23:46:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ごぶさたしております。

記事読みましたが、おもしろそうな本ですね…最近どうもまともな日本語を話してない、まともに本も読んでない生活しているもので、ふと読みたくなってしまいました。図書館で頼むか、はたまた買っちゃおうか…悩んじゃうところですね。
  1. 2009/05/24(日) 12:51:00 |
  2. URL |
  3. タピアン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To タピアンさん、
お久しぶりです~~。

生まれたばかりの赤ちゃんがおられては、ゆっくり読書というのもままならないでしょうね!
そういう意味では、星新一ばりのショートショート集みたいな本がよいのかしら?

タピアンさんは森見さんの本はお好きなのでしたっけ?
もともとの森見ファンなら間違いなく楽しめると思います。
もし森見さんはまだお読みになったことがないということならば・・・もしかして「なんじゃコレ?!」かも知れませんが――やっぱ図書館で借りた方がいいかなぁ?
ハマればハマれるんですけどね~。
  1. 2009/05/24(日) 21:28:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する