本と旅とそれから 「天使と悪魔」

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「天使と悪魔」



見事な映画化!!

原作を読んでから映画を見る、というのは誰でもよくやることだと思いますが、大抵は「原作には及ばない」と思うのではないでしょうか――場合によっては、「遠く及ばない」とも。

でも、この映画は違うと思いました。もしかして、原作を超えたような気さえします。

文中、一部ネタバレです


なつかしいなぁ、トム・ハンクス氏演じるロバート・ラングドン教授。
前作「ダ・ヴィンチ・コード」という作品は、原作も映画も、私にとってはパリ旅行の思い出とふか~く結びついていて、あの作品のことを思い出すと、たった今でさえ、パリの街角や豪壮な城の光景を思い出してぼーーーっとしてしまうのですが。

今回の「天使と悪魔」、原作小説は「ダ・ヴィンチ・コード」の前作なのですが、映画の中ではその続編ということになっています。

で、原作を読んだ段階で、「これは『ダ・ヴィンチ・コード』より面白い!」と思ったのでした。
(原作感想文は►コチラ。)

さっきその感想文を読み返してみたのですが・・・そうそう、スピード感あってね~(実は結構忘れていた^^;)。




原作を読んだ時、この小説の映画化は、きっとバチカンからのすごい反対があって難しいんだろうなぁ、と思ったけれど、結構すんなり出来てしまったんですね、映画。
しかも、作品に対するバチカンの反応はさほどネガティブなものでもないとか。

・・・うん。そうだろうなと思います、映画を見た今では。
ラストがすごくバチカンとの和解の雰囲気に溢れていて、何だか感動しました。

それに、単に時間的制約のために詳細を省いたということ以上に、原作に必ずしも忠実ではない映画のストーリーが、これが、とてもよくできていたと思うのです。脚本家に拍手。

犯人は同じ人物ですが、人物像の描き方はかなり違っていました。



この人、ユアン・マグレガー氏だったか。
オビ・ワン・ケノービの時の、何となくエラそうな雰囲気とはずい分違って、あの頃より若くさえ見えましたよ~(オビ・ワンはヒゲあったし・・・)。俳優って職業はすごいなー。

そして、何より嬉しかったのが、原作では、間一髪救出が間に合わず、全員が殺されてしまう法王候補の枢機卿たちのうちの最後のひとりが、映画では救出されること。
これ、ホントに見ていて嬉しかった。原作を読んでいて読者が感じるフラストレーションを、脚本家(と、監督もかな?)がくみ取っていわば「恨みを晴らしてくれた」という感じです。

「ダ・ヴィンチ・コード」は、キリスト教文化の詳細が興味深くある反面、難しいというか煩雑な感じもありましたが、「天使と悪魔」は細かい話もあるにはありますが、分からなくてもまあ別に問題はないかと。
原作をすでに読んだ人も、読んでいない人も楽しめると思います。面白かった~♪


►「天使と悪魔」オフィシャルサイトはコチラ(音出ます)。

関連記事
tag: DanBrown 
  1. 2009/05/20(水) 23:34:00|
  2. MOVIES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/895-b1ba95d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

観たいです!
劇場にまで行って観たい映画は久しぶり。
あと2週間でこどもたちは夏休み。
そのまえにひとりで映画に行くのもいいかもしれないですね。

トム・ハンクスは大好きな俳優です。
  1. 2009/05/21(木) 00:22:00 |
  2. URL |
  3. ymomen #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

土曜日にTVでやっていた「ダヴィンチコード」を少しだけ見ました。
原作を読んだのに、犯人が誰だったのか?
全然、覚えていないのです(>_<) 
結局、TVも最後まで見なかったので、犯人誰でしたっけね^^;?
でも、「天使と悪魔」の犯人は、覚えているのですよ~♪
見事な映画化だったのですか!
Mikiさんは、映画もたくさん見られるのですね^^
わたしは、見たいものはいっぱいあるのに、映画館に足を運ぶということも、
DVDを借りてくるということもしないので・・・^^; 出不精。。。
おくりびとも、まだ見てませんし┐(´-`)┌
最後に見たのは、ポニョ♪
全然、関係ないのですが、「相棒-劇場版-」も録画したまま、まだ見てません。

「天使と悪魔」は、見に行けるカナ~・・・。
Mikiさんの感想読んでいたら、すっごく見たくなりました!!
  1. 2009/05/21(木) 17:04:00 |
  2. URL |
  3. noadog #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

え~そうなんですか?そうなんですか?

じゃあ、観に行きます!

これ、ダヴィンチより面白いと友達も言ってました。私は図書館で待っていたらいつの間にか飛ばされてました・・・・

よし!観にいくぞ~!

その気になったので、MIKIさんのブログはさ~っと飛ばしました。すんません。。。
  1. 2009/05/21(木) 20:12:00 |
  2. URL |
  3. tomate11 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To もめんさん、
トム・ハンクス、この映画ではなんだか余裕の演技という感じでした。
あの俳優さん、難しい役をいくつもこなしてきてますもんね~。

原作がとても楽しめたのでかなり期待して観に行ったのですが、「期待が大きかったせいでがっかりした」などということもなく、すごく面白かったです!
思い返すと、映像も綺麗だったんですよねー、いろいろなシーンで。
やっぱりこれはローマの魅力ってことでしょうか。

お子さんたち、あと2週間で夏休み?!
をを、さすがアメリカ、夏休みたっぷりなんですね~~^^
  1. 2009/05/21(木) 23:28:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To やぎこさん、
「ダ・ヴィンチ・コード」の犯人は、ホラ、トム・ハンクスとイエス様の子孫の女の人が途中で頼って身を寄せるお城のおじいちゃんですよぅ。
映画では、えーっと、名前は忘れたけど、「ロード・オブ・ザ・リング」でガンダルフ役やった俳優さんだす。

映画はひと月に1本、見るかどうか、ぐらいかな?
最近、新宿の映画館の会員になったので、オンラインで予約できちゃうので嬉しいです。
あんまり芸術的な映画は見ないで、いかにも「ハリウッドーーー!」って感じの派手なのを見てるような気がします。
きっと、「ターミネーター4」も見るでしょう(予告編見たよん♪)。あ、「ハリポタ」も。「ハゲタカ」も。「重力ピエロ」は、応募した招待券が当たらなかったらしいので、考え中。
「相棒 劇場版」、劇場で見ました。でも、こないだTVでやったのも見ました。好きなの。
「天使と悪魔」ダンナ様といらっしゃれば~?楽しめると思うけどなー^^
  1. 2009/05/21(木) 23:35:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To tomateさん、
あはは、tomateさんのお好みじゃなかったらどうしよー(弱気)!
原作、面白いよぉ!英語版でよければしのちゃんに貸してもらえるんだがのぅ・・・。
「ダ・ヴィンチ・コード」は、キリスト様を巡るうんちくが長いからねー。
「天使と悪魔」も、そういう「ラングドン教授の記号論講座~」みたいな部分はあるんだけど、「ダ・ヴィンチ」より楽しく読める感じ。

ネタバレ部分もあるし、隠してないところでもちょっとかすめてるかも知れないから、さ~っと飛ばしてくれてよかったですー^^
  1. 2009/05/21(木) 23:40:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

私もコレ、原作読んだときに、どうやって映画化する気だろう?
と思ってました。バチカンより、サーンからの反発の方がひどかったりしてw
映画、ダヴィンチコードがあまりに分け分からん作品に仕上がってたんで、
あまり見る気なかったのですが、ちょっと興味がわきました。
  1. 2009/05/22(金) 20:06:00 |
  2. URL |
  3. hiroko #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To hirokoさん、
映画プログラムにCERNのメンバーの大学教授などが「事実と違います」って話を寄せておられますが、まぁやっぱり、怒らせてコワイのは、全世界で信徒数10億人っていうカトリック教会ですよね・・・。

京極夏彦さんの作品映画化などの時にもひしひしと思いましたが、原作に「説明」が多いものって、映像化は難しいですよねぇ。
本で読むのなら我慢できても、映画でまで長々説明聞かされたくないって感じで。
・・・考えてみれば、本でもそうそうじっくりわかって読んでるわけでもないんですけど^^;
  1. 2009/05/22(金) 22:15:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

この映画、賛否両論みたいですね。原作を読んだ人にとっては概ね評判は良くないみたいなのでmikiさんはたぶん少数派です。ただ小説に求めるものと映画に求めるものは根本的に違いますからね。結果オーライっぽいので機会があれば見に行きたいです。
そういう意味では京極道映画もアプローチによってはブレイクスルーできたはずと思うんですけど、あの腑抜けな構成ではちょっとねぇ・・・^^;
  1. 2009/05/23(土) 23:13:00 |
  2. URL |
  3. ぐん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To ぐんさん、
>mikiさんはたぶん少数派

う゛む゛っ!そうか、そうですか!!(またかぃ!)
でも、いいの。
みんなが楽しんでいるものを自分だけ楽しめないとすごく損した気分になりますが、今回のようにその逆となれば、得した気分になるのダ!
楽しめる映画だと思うんですけどね~~。
ハリウッドが小説を映画するというと、デフォルトは「けなし」だし~。

京極堂の映画化は、そもそもかなり不可能への挑戦だったと思います。
「姑獲鳥」よりは「魍魎」の方がまだかなりマシだったとは思うものの。
そう思うと、横溝正史モノって、結構よかったってことですかね。
  1. 2009/05/24(日) 21:04:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

原作を読まれた人が面白いって言うのは、相当面白いんだろうなぁと
私も見たくなりました。
一作目はlazyMikiさんとお知り合いになった頃だったので、
随分前に感じます。

先週PC前を留守にしてたので、携帯から読んだのですが、携帯だとネタバレ部分が
反転して強調されてましたよ(笑)
私はネタバレ気にしないのですが、このラストはすっきりしそうですね♪
  1. 2009/05/26(火) 00:38:00 |
  2. URL |
  3. 創 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To 創さん、
でも、どうやらワタクシ少数派らしいです・・・?
少なくとも、「ダ・ヴィンチ・コード」よりは面白かったと思うんですけど~。
(ますます弱気。)
そうですよね。振り返ると、なんだかずい分前のことのような、でも、3年前なんてほんのちょっと前のことにすぎないような・・・。

>携帯だとネタバレ部分が反転して強調

なんとぉーー!のははははっ!!
・・・と、笑っていてはいけない、ネタバレは罪なことでございました。
たまに自分のブログ記事を携帯で読むことはあるのですが、ネタバレ表示のところはチェックしてませんでした。これからは携帯用にちょっとネタバレ警告しようかしら・・・?
ご連絡、感謝しまーす<(_ _)>。
  1. 2009/05/26(火) 22:07:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。