本と旅とそれから 黒影の館/篠田真由美

本と旅とそれから

黒影の館/篠田真由美

シリーズ18冊目・・・ですね、数えてみれば。
これに、神代教授の番外編もあるわけですが。

次の1冊でシリーズが完結するそうで――まさに潮時、と思います。
とても楽しませてもらったシリーズですが、これ以上続くとダレそうな予感がするのです。



黒影(かげ)の館/篠田真由美(講談社)

建築探偵・桜井京介、「かなりロシア人」だったことが明るみに出ました。
アレクセイ、という名なのだ。
当初からあり得なさそうなキャラクターだった彼ですが、最後にきてまさにその真骨頂といいますか・・・。

この1冊だけを考えるならば・・・雰囲気は「Yの悲劇」だったかなー。
大きな屋敷、暗い影に満ちた一族そしてラスト。
でも、考えてみれば、「Yの悲劇」とか「グリーン家の殺人」とか、横溝正史作品とか、ああいう古典的ミステリー大作っていうのは、「指輪物語」がすべてのFT作家に影響を与えているように、すべてのミステリー作家に影響を与えていないわけはないですよね。

私の大好きな、外界と隔絶された空間でのドラマ。
今さら言うまでもなく、建築探偵のシリーズは、ミステリーの舞台となるのが常にゴージャスな洋館。古い洋館に入った時に感じる、ある種の重圧感、閉塞感みたいなものが、何ともいえない雰囲気を作り出していてよいのですね~。

ミステリーとしてはどうなんだかよくわかりませんが。
「あとがき」を読むと、篠田さんは「本格ミステリ」というジャンルにとても未練がおありのようなんだけど(「なくてもいいけど」と言っておられはするものの)、私はこのシリーズを、雰囲気とキャラクターでここまで読んできたと思っています。
作者さんには申し訳ないことかも知れません。

読み手によって同じ作品でもずい分違って読めるということはあると思います。
大昔に大学の本読みサークルで、某FT作品を巡って「それは女性的視点に過ぎる読み方じゃない?」と言われたこともあるし。
言った人のことは何ひとつ覚えていないのに、その言葉だけはとても記憶に残っています。

でも――建築探偵シリーズって、キャラに入れ込んで読みませんか~~?
篠田さんはお嫌らしいけど、少女マンガっぽいキャラたちですね。
だから、やっぱり私は半ば少女マンガを読む感覚で読んでいる。
ということは、本格ミステリというより、やっぱりライトノベルなんだと思いますが・・・。

ともあれ、次作で完結。
これだけの長いシリーズがきちんと完結するのは、それだけでめでたいことです。
(まだ「グイン・サーガ」を引きずってるかな・・・。)
次回は北海道が舞台でしょうか?




My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)


関連記事
tag: 篠田真由美 建築探偵シリーズ 
  1. 2009/07/22(水) 22:49:00|
  2. 2009
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/929-79c5398a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

ミステリーと洋館ですか。ぱっと思い当たるのは江戸川乱歩とか京極夏彦とか、何かドロドロとしたやつが次々と・・・w 京極といえば、つい先日待望の続編が出ていることを知りました(邪魅の雫)。久しぶりに手にする、あの異常なまでの厚みを持つ文庫本、吊革つかまりながら夢中で読んでいると、駅に付く頃には腕のキンニクが・・・! グイン、栗本薫の逝去は残念でしたね、128巻だったかな?
  1. 2009/07/22(水) 23:38:00 |
  2. URL |
  3. ぐん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To ぐんさん、
あれ、ぐんさんも京極作品ファンだったんですね!
私も・・・というか、私は主に京極堂シリーズの方のファンですが。
「邪魅」は、もう文庫版出ましたか。分冊バージョンはまだなのかな?
巷でもよく耳にしますが、私も、京極さんの本のおかげで腱鞘炎になったクチです。

栗本さんには、内容もさることながら、グイン・サーガ、きっちり結末を見せて欲しかったです。完結したら、また97巻から読んでもよかったのですが・・・。
8月に最新刊にして最終巻が出るときいております。
ホント、残念でした。

江戸川乱歩、子ども向けの少年探偵団シリーズが文庫版で出ていることをつい最近知りました。で、それがうちの図書館にも入っていた。
行くたんびに、いつ借りて読み始めようかとうずうずしております。
  1. 2009/07/22(水) 23:47:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

うんうん、キャラに入れ込んで読みますですよ。(私は蒼くんファンですが)
あと建物ね。

早く続きが読みたい~~と思うのは毎度のことですが、
この巻特に、「あ”~~~そこで切るか!」みたいなところで終わってますよね。
まるで2時間ドラマのCMか何かのように…
篠田さん、お願いですから早く次書いてくださいよぅ。
  1. 2009/07/23(木) 16:17:00 |
  2. URL |
  3. yurinippo #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To yuriさん、
単独キャラにも思い入れるし、メイン・キャラ3人のからみもいいですよね。
そう、そしてもちろん建物、ですね。

本書は終りの方に、北海道だって書いてありましたよ。
新千歳空港から行くってことで。
青森もいいですよね~。
私も、つい半月前までは、今年の夏は青森にたてものを見に行くつもりでおったのですが・・・その後急浮上した別件で、今年の青森は流れそうです。

篠田さん、私が「黒影の館」の詳細をすべて忘却し尽くす前に次書いてくださいよぅ。
  1. 2009/07/23(木) 23:47:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する