本と旅とそれから 桜の園/篠田真由美

本と旅とそれから

桜の園/篠田真由美

建築探偵シリーズ番外編ふたたび。

江戸川橋から護国寺方面へ続く音羽通りをはさみ、以前はふたつの洋館が立っていて、今はそのうちのひとつしか残ってない。で、本書に収められた二つの神代教授を巡るお話は、そのそれぞれがメインの舞台(の、モデル)となっています。


桜の園 神代教授の日常と謎/篠田真由美(東京創元社)

ひとつめはかつての講談社のたてもの(もうありません)だそうで、ふたつめが鳩山会館です。
鳩山会館については、以前から訪れてみたかったこともあり、今回本書を読んだことをきっかけに、出かけてきました。
(東京観光の話の途中なのですが、次回UPの予定です♪)

この本は、森見さんの「宵山万華鏡」や、あさのさんの「夜叉桜」のすぐ後に読んだため、読み始めは、つい比べて「いまひとつ」の感がありました。
でも、しばらくするとこのシリーズのリズムに順応するというか。
ふむふむ~、となってきますね・・・。

神代教授って、イタリア美術の専門家でイタリア語もぺらぺらだし、間違いなく超インテリなんだけど、同居人に非現実的な建築探偵がいるので、すごくふつーのヒトに見える。
建築探偵たち若者トリオがどんどん先に行くわきで、話が見えずにイラついたり拗ねたり。
なのに、若者、お年寄りその他、各方面から慕われるお人柄です。

古いたてもの。桜の花。古い絵。
本編シリーズと比べるとスケールは小さいのですが、その分のんびりと神代教授の思い出話にお付き合いできるかな~(あげく、たてものまで見に行ったし!)。


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)



関連記事
tag: 桜の本 篠田真由美 建築探偵シリーズ 
  1. 2009/08/28(金) 20:46:00|
  2. 2009
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/952-c2da150f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

こちらの本も予約しなくては~~。
鳩山会館、立派ですね!!しかもなんだかタイムリー!

そうそう、Mikiさんの感想を読んで、あさのあつこさんの時代もの&ぬばたま、
予約しました。んでもって1冊来ました。楽しみです♪

さざえ堂、なんと津軽にもあったんですよ~。
東北には会津のと津軽のと2つっきりみたいですが、
外観しか見られなくて残念でした。小さかったし。
やっぱり会津のも見たいです!

と、なんだかとりとめのないコメント、失礼しました。<(_ _)>
  1. 2009/08/31(月) 12:08:00 |
  2. URL |
  3. yurinippo #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To yuriさん、
にしても、なんで鳩山「会館」とかいうアルミサッシぽい名前にしたんですかね~。
そういえば、この本の鶴瀬邸も、社長の死後に邸宅の所有権は会社のものになったんだけど、社長未亡人に貸与する形になっていて・・・とあるのですが、もしかして鳩山会館も個人の所有にはなっていないのでしょうか・・・。わからんけど。

あさのさんの本、「ぬばたま」はさほどでもなかったですが、時代モノの方は好きだったなぁ。文庫版も出ているみたいなので、買おうかなぁ・・・。
お気に召すと良いですが~^^

さざえ堂の記事を書いて以来、ちょこちょこと「さざえ堂情報」を頂けて嬉しいな~♪
会津のさざえ堂には、今年ばななさんもぴょんさんも行かれてブログUPされているんですよ~。
津軽にもありましたか。確か、群馬だかどっかにもあるんですよね。
わたしも、もいっこぐらい見てみたいものですのぅ。

いえいえ、私なんて、とりとめどころか「何の関係も」ないコメントをあちこちに書かせて頂いてますんで・・・<(_ _)>だはは~。
  1. 2009/09/01(火) 00:10:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する