本と旅とそれから ノエル・ヌエット展とレピキュリアン

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ノエル・ヌエット展とレピキュリアン

ガスミュージアム・くらし館


コチラからの続きです。

三鷹の山本有三記念館をじ~っくり見せて頂いた後、バスで吉祥寺へ。
ちょうどお昼の頃合ですが、わけあってケーキ屋さんに行きたい気分でした。
(・・・って、大したわけじゃありませんが^^;)

この、犬を抱えたおにーちゃんが図らずもこの場のアクセント。
思いっきりカメラ向けても動かないので、撮らせて頂きました^0^


で、こちらに入りました。
お店の名はレピキュリアン――L'Epicurien、快楽主義者、という意味です。
・・・なんちて。お店の人に訊いたんですよ。

吉祥寺駅から歩いて2、3分ちゅとこですね。




お店の名と同じエピキュリアンという名のケーキにしました。
人気です、シブーストですよ――と、お店の方にうかがって選んだんだけど、トンマな私はシブーストと聞いてサンマルクを思い浮かべてしまった(なぜ見て分からん・・・)!

シブーストだから、食べてみたらクリームブリュレとフランが合体したようなケーキで。
ふうつうに美味し。(サンマルク食べたかったからな~・・・。)

お店の方々はひっじょーに感じがよくて、くつろげるケーキ・ランチでした。
2個食べればよかったな。ひとりだと、ついつい小心になっていけません。




さて、それから西武新宿線沿線に戻り、ガスミュージアムというところにやってきました。
「没後40年ノエル・ヌエット ~東京を愛した仏蘭西人~展」開催中。
私、木版画がとっても好きなんです~^^

 ►ガスミュージアムは、たてものもちょっとステキです。
  ≪旅編≫に、数枚写真をUPしてますので、よろしければコチラへ。


「東京風景 亀戸(昭和11年)」


フランス人のヌエットは、昭和元年に来日して長く東京に暮らし、東京の風景を多くスケッチしてそれをもとに木版画を作成しました。


「東京風景 馬場先門(昭和11年)」


背景に高層ビルが建ってしまっているけど、このあたりまでは今も望める風景ですね。
ちなみに、(▲)手前の四角いビルが、鳩山会館の岡田信一郎設計の明治生命館です。


「東京風景 御茶ノ水(昭和11年)」


ニコライ堂ですね~。今は見られない風景。

にしても、これってホントに版画なのかなぁ。スケッチみたい。
ノエル・ヌエットは「フランスの広重」と呼ばれた人物だそうですが。

いずれにしても、とても繊細で魅力的な作品でした。
規模は小さく、展示室ひとつだけの展覧会ですが、のんびりと楽しめました。
この展覧会も常設展も無料です^^


►レピキュリアン、「食べログ」のページはコチラ
 (なお、こちらには「店内撮影禁止」とありますが、お店の方にうかがったら、「お好きなだけ
 お撮り下さい」と笑顔でお答え頂きました。)
►ガスミュージアムHPはコチラ

関連記事
tag: 
  1. 2009/09/14(月) 21:39:00|
  2. 全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/959-3a085125
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

こういう外国っぽいお店をバックにしてるからか、遠目でおまけにめがねかけてるからか、このお兄さんが外国人に見えてきますね。

ケーキ美味しそう!
私この間からチーズケーキがもう食べたくて食べたくて・・・今日我慢しきれずに買いにはしってしまいそうです。
私も1人だとケーキ2個頼めないくちですが、頑張っていつか達成してやろうと思ってます。

それと、版画も素敵ー
3枚目の雲の感じがもこもことなんだか可愛いですね。
全体的の色合いとかも最高ー

あ、あとガス灯も素敵でした。
  1. 2009/09/15(火) 08:58:00 |
  2. URL |
  3. lazybug #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

帽子のお兄さん、たすきかけしているクラッシックぽい、
カメラも気になるし、抱いてるトイプードルも気になるし・・・・

シブーストってはじめて聞きました。おいしそうです。
それにしても、木版画こっまかいですね。
戦前の東京ってのも興味深いです。
  1. 2009/09/15(火) 21:04:00 |
  2. URL |
  3. bullet4071 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To Ayakoさん、
帽子とか、抱いている犬とかがフランス人ぽいゾ!
なんて、今は思って見てます。
(顔、とか体形、と言えなくて、ごめん、おにーちゃん。)

レピキュリアンに行った時、窓際の一人席で「ああ、ひとりだとふたつ頼みにくいのぅ」と悶々として食べ終わって振り向いたら、女の人の二人連れが後の席でひとり二つづつ食べていて、それを見た途端に自分の弱さを心の中でののしりました。

そろそろまたいろんな展覧会が新しく始まりますね~。
連休中にひとつぐらい行きたいです。
  1. 2009/09/15(火) 23:20:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To bulletさん、
意図的にガイジンを装っているとか・・・?
(もしかしてホントにガイジンさんだったりしたら困ってしまいます。
ま、判明することは永遠にないわけですが。)

シブーストといえばリンゴ。入っているんですね。
こちらのお店のは、生のフランボワーズも入ってました。
ただ、ブリュレ&フランって感じなので、実はあまりパンチのきいてはいない、ちょっとぼーよーとした味、とも言えます。
・・そういうのがお好きならまったく問題ないんですけど。

そろそろ、また版画のネタが気になってきましたです。
  1. 2009/09/15(火) 23:24:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ガスミュージアムの★マークが何やら秘密組織のマークっぽくて素敵♪

”サンマルク”ってどんなケーキなのですか?
  1. 2009/09/16(水) 15:55:00 |
  2. URL |
  3. ぴょん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To ぴょんさん、
今、私が住んでいるエリアは東京ガスではないので(もしかするとグループ会社のような気もしますが)、この「☆にG」の東京ガスマークが、何か懐かしく思えました^^
あ、てか、今はもう東京ガスはこのマークは使ってないかも・・・。

サンマルクはですね~、チョコとクリームが層になってて~・・・
といっても、わかりにくいかな、と、ググって画像を見つけました(↓)
http://www.bidders.co.jp/item/68285205
一番上のキャラメリゼのとこだけは同じでした~。
  1. 2009/09/16(水) 22:59:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ケーキも美味しそうですけど、今回は木版画に目を奪われました。

「フランスの広重」と呼ばれているのですか。ほんと、そんな感じ。
でも、色が淡くて、洋館があったりでこちらも綺麗ですね。
無料で楽しめるなんていいですね^^
  1. 2009/09/17(木) 01:16:00 |
  2. URL |
  3. 創 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To 創さん、
このヌエットさんもそうなんですが、やっぱり版画も、基礎は絵心って感じですね。
絵心、カンペキ・ゼロ!な私は、いつも悲しいです(T_T)。

こないだ創さんが、「次は年賀状の準備をします」って書かれたのを読んで、「をを、もうそういう時期?」と思っていたら、Japan Postが来年の年賀状の図案を発表したりして、やっぱりもうそういう時期なのですね!
版画といえば、私の場合はすぐ年賀状を思い浮かべてしまうんですもん。

もうひとつ、見に行きたい版画の展覧会が週末から始まるんですよ~^^
  1. 2009/09/17(木) 21:56:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ノエル・ヌエットの版画、情緒があって素敵ですね。日本人が作るものとはやはり何となく違って、淡い色使いがノスタルジックですね。時代は異なりますが、印象派の画家たちやゴッホなどが、日本の版画に影響を受けて、自分の作品の中に浮世絵のモチーフを取り入れたりしていますが、そういう作品と共通する日本への憧れ、愛のようなものを感じます。
  1. 2009/09/20(日) 00:29:00 |
  2. URL |
  3. オルサ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To オルサさん、
最近、江戸博で始まった展覧会(名前をちゃんと覚えていないのですが)にも版画が出展されているようで、見に行きたいんですよね・・・。
欧米人の版画って、すごく緻密だというイメージがあります。
クリフトン・カーフさん(京都にお住まいだった版画家さんで、私はファンだったんですが、去年でしたか亡くなってしまいました)の作品も、すごく緻密で美しかったなぁ・・・。

日本の木版画って、世界的に人気ありますよね~。
  1. 2009/09/20(日) 22:40:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。