本と旅とそれから おだやかな自然の香り≪草喰 なかひがし≫

本と旅とそれから

おだやかな自然の香り≪草喰 なかひがし≫



京都に出かけていくと、時間的にいって、最初のイベントは昼食、ということになりがち。
今回もその例にもれることはなかったのですが、この日の「京都で最初のごはん」は、あらゆる意味でリッチなものとなりました。

しばらく前から友人しのちゃんと「行ってみたいねぇ」と語り合っていた、京都でもとても人気が高いというお店、「草喰(そうじき) なかひがし」。
今回、ちと苦労しましたが* なんとか予約が取れたので、れんげさん、よしりんさんもお誘いして出かけてきました。
写真枚数の多い、長い記事になってしまいましたが、よろしければお付き合い下さい。






銀閣寺にほど近いお店は、実にさりげないたたずまい。
人数が少なければ1階のカウンター席、私たちのように4人ぐらいのグループになると、2階のお座敷へ通されるようです。
写真は撮るわ、あれこれかしましいわ、の私たちには、個室のお座敷席がぴったりでした。






大人気のお店で、最近ミシュランの星ももらっているようなところなのですが、お店の方々の雰囲気はとても気さく。
一方私たちはといえば、最初に出された見事な八寸と小鉢を前にすでに興奮気味。






こちらのお着物姿はれんげさん。縞の木綿に半幅帯の着流し姿がお洒落です。






さて、お料理。
写真ばっかり撮っている私の隣で、久しぶりのブログ登場・しのちゃんにまたしても書記をお願いしました(いつもすまぬ~)。

◆小鉢(口取):柿、とんぶり、ぎんなんのきな粉酢あえ
「なかひがし」のお料理は自然の素材を活かしたものが多く、この柿も自然になったものを使っておられます。畠のキャビアと言われるとんぶりといい、三杯酢にきな粉をまぜたきな粉酢といい、スタートからすでに、珍味、美味の連続。きな粉、ほんのり香ばしい^^





◆八寸:丹波黒豆の枝豆、鮎のテリーヌ・3年ものの味噌をはさんだ紅白蕪、木の葉がれい、戻りガツオの生節の山椒煮、金時人参の醍醐まぶし、生栗の揚げたもの、
ブロッコリ、ムカゴおこわ


・・・つくづく、しのちゃんのメモ取り能力の高さに感服ですが。

醍醐、というのは牛乳を6時間ほど煮詰めてそぼろ状にしたものだとか(見えてませんが)。
色どりも楽しく盛り付けられた小さな食べ物たちのひとつひとつに、どれほどの手間と時間がかけられているかを思うと、気が遠くなるようです。

されど素材は自然の空気を吸い、光を浴びて育ったもの。
「見事な味付け~♪」というのとはどこか違う、淡白なようでシンプルなようで、でも何だかしみじみかみしめたくなるような野菜や魚たちなのでした。





◆お椀:とち餅の亥の子餅と菊菜の白味噌仕立て
11月といえば亥の子餅・・・ですが、私はあれはてっきり和「菓子」だと思っておりました。
また、菊菜とは、季節が巡れば京都でも春菊と呼ばれるもの――関東じゃ年中春菊じゃ。
季節感あふれるお椀ものです。
(「あの、お客さま、冷めないうちに召し上がって・・・」と心配された私たちでした。)





お飲み物は・・・?
最初はシャンパンを頂いたのです・・・銘々、フルートに一杯ずつぐらい?
それから日本酒を。伏見の「英勲」。甘口・辛口では言い表せぬ、「旨口」だとか。
(まあ、香りのよい辛口ってあたりで^^。)
お猪口はお好きなものをお選び下さい、と――さて、私が選んだのはどれでしょう。





「お米がごはんに変わる瞬間をどうぞ」と、差し出された「煮えばな」のごはん。
「これがお米のアルデンテというものね!」と感心しきりでしたが、その次は――

◆焼き物:子持ち鮎の幽庵漬け
TOP画像でアップにしておりますが、まるで真ん中に光るオレンジ色のものは、宝石のよう。
大原育ちの鶏卵の初ものを味噌漬けにしたもの、なんですけどね。
添えてあるのは赤大根の幽庵漬けや、ポップコーン、じゃなくってポップもち米。





くるんだ朴葉を開けば子持ち鮎。
子持ち鮎というより、親持ち鮎ですか、というくらい、卵が多い~。
決して濃い味ではないのですが、香ばしくて・・・なんちゅか、タンパク質が美味。





◆向付:昆布じめ鯉の細造り
画面からはずれてしまっているのですが、辛味大根おろしと、煮こごりと鯉の皮が添えられています。
醤油は蜜柑の果汁で割ってあります。添えられているさまざまなハーブ類は、季節で変わるものだそうです。





◆炊き合わせ:雑茸の炊き合わせ
聖護院大根、里芋、蕪の中抜き、小豆の生姜添え。
中抜きっていうのは・・・え~、間引きってありますよね。あれをもう少し育ってから行うものですね。だから、ミニ蕪みたいな形になっております。

味はホント、淡白。草の香り、みたいなものが立ち上ります。
し、しかし、生姜を全部混ぜてしまったのはちと辛かった(T_T)。





◆杓子菜と天然椎茸の含め煮
これは・・・進肴になるんでしょうか。
ちょこっと見えている赤い実は「ガマズミの実」だそうで。初めて食べました。
杓子菜は川越の漬物屋さんでも見かけるかな。これまた素朴な薄味。





◆ご飯:赤万願寺唐辛子ペーストを載せた唐辛子の小鉢、めざし、香の物を添えて。





これ、赤いペースト部分は間違いなく万願寺唐辛子でちっとも辛くないんですが、下の緑の唐辛子も万願寺唐辛子かなぁ・・・不明ですが。でも、辛くはありません。おしたし、ですかね。





めざし一匹。
載せてあるお皿は、「なかひがし」十周年を記念して作ったといういわし雲柄のお皿。
大空を悠々と泳ぐ大魚のごときめざし一匹。うーん、カッコいい。
あまり苦くもない、味は穏やかなめざしでありました。





そして、土鍋のご飯がおこげになる頃を見計らって、お店の方がよそって下さるこちら。
これに、イギリス産マルドン塩(以前コチラでも)をふりかけて頂きます――冷めてくると、ちと固い(だから喋ってないで早く食べましょう)。




飲むわ撮るわ喋るわで、なかなか食べない私たちの、長すぎる昼ごはん。
ようやくデザートに到達した頃には、他のお客さんはすべて帰られており、階下のカウンターにどうぞ、ということになりました。
板さんたちはすでに夜の仕込みを始められておられたようです^^;きゃー




◆水物:大四郎柿と人参の葉のシャーベット
柿は皮まで食べられ、上にちょこんと載ったブドウはこれも自然のもの(だからタネが大きい!)。
あま~い柿に、さっぱりしたシャーベット。
日本一と称される「なかひがし」昼コースの最後はさらりとした締めでした。




この日のコースは5,000円(飲み物別)。
金額だけ見れば贅沢ですよね。
が、これもまた、他で節約してでも頂きたい、と思わせる見事なお料理の数々でした。

野山に自然に育つ草や実が、今は贅沢な食材としてもてはやされる。
思えば奇妙なことながら、自然の香りはやはり豊かで優しいものでした。

12時の予約で始まった昼食でしたが、お店を出る時時計を見ると、午後3時でした。




* なかひがしの予約のこと。
電話予約の場合は、予約したい月の前月1日の午前8時から電話を受け付けておられます。これがなかなかつながりません!
が、まあ、人気ミュージシャンのコンサートチケット取り電話をかけたことある方なら大丈夫かな。私も、なんだか懐かしかったです^^;


[2009年11月7日(土)訪問]

►「草喰 なかひがし」お店情報はたとえばコチラ
►2009年11月京都旅行記・目次はコチラ

関連記事
tag: 
  1. 2009/11/16(月) 21:05:00|
  2. 京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/968-f921feea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

なんとまぁ、美しきお料理の数々・・・
ぽーっとしてしまします。
至福のひとときを過ごされたのですね。
B級グルメ専門の僕からすれば、羨ましい限りでございます。
それにしても、3時間もおられたとは(笑)
  1. 2009/11/16(月) 21:55:00 |
  2. URL |
  3. bananan_bou #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

京都で一番お昼の予約が取りにくいお店、とのことですね。
京料理の真髄って感じなのでしょうか?伝統的な京料理というよりは、
洋も取り入れている、創作料理って感じもしますね。
でも最後のめざしと、おこげご飯だったら家でも食べられるのでは?
と思ったのは私だけでしょうか?
なんていうか、セレブのにおいがプンプンします。
  1. 2009/11/16(月) 22:08:00 |
  2. URL |
  3. bullet4071 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

その節は、予約から何から、大変お世話になりました。
Mikiさんのお陰で、日本一の昼ご飯をいただくことができました。
もう大感激です。
素晴らしいお昼のひとときを本当にありがとうございました。
TBも感謝。
こちらもお返ししました。
よろしくお願いします。

  1. 2009/11/16(月) 22:32:00 |
  2. URL |
  3. よしりん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

こんばんは~♪ lazyMikiさん
すごーい!「草喰(そうじき) なかひがし」って超有名店ですよね。いつも関西の食べ物ブロガーさんの記事で読んでるだけですが。。。(笑)
ミシュランで星をもらってから、予約も取れないと聞いていたのですが、良かったですね。(^^♪
お料理も器もとても素敵です。ちょっとお高いけど、私も無理してでも一度行ってみたいです。 
  1. 2009/11/16(月) 23:04:00 |
  2. URL |
  3. happy_kuma_kuma #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

Mikiさん、おはようございます
う~ん、さすが、なかひがしさん、素晴らしいですね!
一つ一つの素材も、飾らないところがいいです。
まさに食のための食材選び
お写真もばっちり、食欲をそそります。
屋内なのに、ナチュラルなカラーで~ さすがマクロ師匠
美女四人、さぞかし かしましいかったことと(^^)
素敵な京都の旅の始まりになりました。
  1. 2009/11/17(火) 07:44:00 |
  2. URL |
  3. にいやん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

さすが日本一のお昼御飯ですね!
そんなに予約も取りにくいとは!

「すごくおいしそうな写真だけど、きれいなだけかも…」なんて
ときどき思っちゃったりしますが(自分の写真がそうだからか…)
このお写真は「すごくおいしそう、きっと食べたらもっと美味しいんだろうな」
と思いながら拝見しました。

この後の旅ごはんもなんだかすごく期待しちゃいますよぅ。^^
  1. 2009/11/17(火) 16:31:00 |
  2. URL |
  3. yurinippo #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To ばななさん、
これで驚かれてはなりません。
この日は、12時から15時まで昼ごはんだったわけですが、夕ご飯は18時半から22時までだったのでございます。
あ、でも、3時間ランチっていうのは私これまですでに経験済み。
tomateさん、gvillaちゃんと3人で、ワイン2本空けたことがございました。
その点、今回は年齢の近い人たちと一緒だったこともあってか、お酒はあまり飲みませんでした^^;
  1. 2009/11/17(火) 20:39:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To bulletさん、
こちら、和風・・・は、たぶん和風なのだと思います。
大将のご実家は、摘み草料理で名高い美山のお店なのだそうです。
その辺、あまり詳しくないのですが・・・。
めざしとおこげ、そこだけやってみる、というのは確かに可能だと思いますが――心なしか寂しい感じも。

>セレブのにおいがプンプン

お会いしたことはないものの、眉間にシワを寄せたbulletさんのお顔が目に浮かぶようです(沢村一樹さんの顔で・・・)。
いえいえ、他のお三方はともかく、私はセレブとは縁のない、ただの「違いのわからないミーハー」でござります。
  1. 2009/11/17(火) 20:44:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To よしりんさん、
さすがにこの日お茶をすることは、時間的にも胃袋容量的にも不可能でしたね。
よしりんさんの「またまたの葉」のギャグにはブっ飛びました~^^
(さすがにブログには・・・。)

愉快なひと時でしたね!
それにしても贅沢な京都旅のスタートになりました。
どうもありがとうございました<(_ _)>。
  1. 2009/11/17(火) 20:49:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To くまくまさん、
あれっ、happyに変わられたんですね!本格写真ブログですね!
また楽しみに見せて頂きます。

あ、そうか、私が予約を取ったのは、ミシュランの星を取る前か・・・。
予約を取ってから出かけるまでの間にミシュランが出たんですよね~。
今はさらにもっと予約が取りにくくなっているのでしょうか・・・?

ただの食事、と思えばとんでもなく高コストですが、ちょっとした演劇とかコンサートに行くような楽しい時が過ごせると思えば、そんなこともないな、と思うのでした。
何しろ私たち、3時間でしたし・・・^^;
  1. 2009/11/17(火) 20:54:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To にいやん、
お忙しい日が続きますね、体をこわさないで下さいね~^^。

んもっ!マクロ師匠じゃないちゅのにっ。
今回の記事、最初の方の3枚ぐらいだけが一眼の写真で、後はIXYの接写モードのものを、一眼に合わせてトリミングしたんですよー。
さすがに、マクロでの撮影を続けていると疲れてしまい、お料理に集中できなくなりそうだったので、途中で諦めました^^;
女は三人ですでにかしましいですからねー。四人となればスーパーかしましかったはず。
それでも笑顔を絶やさない、お店の方々はやはりプロでした。
  1. 2009/11/17(火) 20:58:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

うわー。
なんとお恥ずかしい!!
枯れ木のような手で申し訳ない!!
  1. 2009/11/17(火) 21:00:00 |
  2. URL |
  3. れんげ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To yuriさん、
私がこのお店のことを初めて知ったのはずい分前のTV番組だったのですが、その頃はまさかこれほどの人気店とは知らず、しのちゃんと二人で行こうとして、3日前とかに電話して満席、と言われたりしてたんです。
それが、ググってみたらエラく人気のお店で・・・まさに「おのが不明」というものでした。
光安なんかも、もうかなりの人気店になっちゃってるみたいですよー。

ううっ、褒めて下さってありがとう。嬉しゅおす(←いい加減な舞妓言葉・・・?)。
実は、この初日は、そのすぐ後に今度はフレンチでディナーだったんだす。
超絶胃袋。・・・が、その後はひとり旅になりましたんで、ごはんはとても地味でした。
あ、でも、カフェ&茶寮は結構行きました~^^
  1. 2009/11/17(火) 21:03:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To れんげさん、
あら、白くてステキじゃございませんか。
ご出演ありがとうございます<(_ _)>。
お送りする件、確かPCアドレス存じ上げなかったように思うので、お知らせ下さいまし。

楽しいひと時でしたね~。
  1. 2009/11/17(火) 21:06:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

お料理もさることながら、器の美しいこと!お盆の赤も見事です。
味を楽しむと共に、目でも楽しむ。これぞ日本料理の真骨頂ですね。こういう食事をすると、心が豊かになれそうです。
綺麗な写真と詳細なレポートで、私もお相伴にあずかったような気分になりました。
  1. 2009/11/18(水) 00:15:00 |
  2. URL |
  3. オルサ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

まあセレブ云々は羨望による発言でしたので、聞き流してくださいまし・・・w
こういうご時勢なので家庭内、事業仕分けをすると、
対象となるカメラのレンズやフイルム、たまに行っていた
漫画喫茶などは、真っ先に切り捨てられ、廃止になる運命にあります故。

(実は漫喫で、マッサージ機に座り、ソフトクリームを食べながら、
ちょい古い漫画読をむのが楽しみだったりします)
  1. 2009/11/18(水) 18:46:00 |
  2. URL |
  3. bullet4071 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To オルサさん、
をを、お盆!
記事中には書かなかったのですが、しのちゃんメモには、「根来盆は古いもの」との記述があったのです。やぱ、お目にとまったのですね・・・。

詳しくは知りませんが、今日(かな?)、東京のミシュランも発表されたそうですね。
パリの次に星を取ったレストランの数が多いとか?
日本料理の繊細さ、見た目の綺麗さを思うと、食を一種の芸術のように大切にしている(らしき)フランス人が、日本の店を好むのも頷けるように思えます。

長い記事を読んで下さって、どうもありがとうございます<(_ _)>
  1. 2009/11/18(水) 23:35:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To bulletさん、
眉間にシワ寄せた沢村一樹さんをじぃぃ~っくり思い浮かべたですよ♪
セリフ:「フン、贅沢ものっ!」とか~~。
・・・あ、いえいえ(^0^;

憧れのマンガ喫茶。未知の世界。
読みたいマンガもあるんですけどね~(最近、マンガ触ってもおりませぬ・・・)。
マッサージ機なんてあるのか。ソフトクリームも食べられるんですか。
そ、そりゃ、いかにもくつろげそうです。

フィルムって使い切りですもんね。最近では昔みたいにカメラ屋さんの店頭でパックで安売り、なんていうのも見かけないし。

などと言いつつ、次の京都記事は早くも同じ日の夕ご飯なんです・・・。
ああ、沢村一樹さーん、贅沢ものついでに勢いで読んでやって下さい<(_ _)>
  1. 2009/11/18(水) 23:43:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

おぉ!!麻生圭子さんがよく行かれているお店ですよね!
それにしてもきれいなお料理ですね。目の肥やしになりますね。。。
それにしてもコースってほんまにゆっくり食べてるから普通よりお腹に溜まる上、その量!?ってびっくりするくらい次から次へと出てきますよね。
これってどういう基準での分量なのかしら。。。
それとも季節のものを組み立てていくとこれくらいは必要!って量なのかしら。。。
いつも疑問に思ってしまう私です。
てかおやつ食べなきゃ食べれる分量だったり・・・笑
  1. 2009/11/20(金) 15:50:00 |
  2. URL |
  3. gvilla #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To gvillaちゃん、
麻生圭子さんというお名前、寡聞にして存じ上げなかったのだけれど、ググってみました。
なるほど~、エッセイストの方なのですね。
ブログもちょこっと覗いてみたけど、飾らない、いい感じですね~^^
gvillaちゃんとは町屋つながり、って感じかしら?

この「なかひがし」、京都一予約が取れない、などと言われている割には、ネット上でも、常連さんやらいう方々もちらほらお見かけするのですよね。
一種の、京都におけるステータスなんだろーか^^;

お料理、確かに色々出てくるのですが、どれもいかにもカロリーの低そうな薄味のお料理なので、あまりおなかに重くないんですよね。
そこが、他のお店の同じくらいのコースと違うなぁと思います。
(もちろん、それなりにはおなかにたまるんだけども。)
そうだよ!おやつ食べなきゃ食べれる分量なのサ(どんだけおやつ食べてるって?)!^^
  1. 2009/11/21(土) 14:49:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する