本と旅とそれから ペンギン・ハイウェイ/森見登美彦

本と旅とそれから

ペンギン・ハイウェイ/森見登美彦

くく~~ぅ!泣きました。
・・・あ、しんみりホロリ、ぐらいの「泣き」ですが・・・。悲しくはないけれど、でも切ないラスト。
森見さんの小説を読んで泣くことがあろうとは。
素晴らしい。
ペンギン・ハイウェイ

ペンギン・ハイウェイ/森見登美彦(角川書店)

京都でなくても、おかしな大学生が出てこなくても、森見さんの物語はやっぱり面白い!
いえ、実を言えば、この「ペンギン・ハイウェイ」は、これまでの森見作品の中でマイベストだった「きつねのはなし」に並ぶ・・・か、超えたかもっ。うれしぃ!

ものすごく児童文学な感じなのですが、主人公のアオヤマ君(あれ?苗字だけだったか!)の性格設定や、彼と歯科衛生士の「お姉さん」
の微妙な関係のゆえか、児童文学と割り切ることもできないような、何というか、全体的にとても微妙な雰囲気のある物語だと思いました。

数ヶ月にわたって展開する物語なのですが、夏休みが目立っているためか、夏のお話という気がします。小学生の夏休み――究極のノスタルジーじゃありませんか?

小学4年生のアオヤマ少年の日々は、理想の小学生生活のひとつの形。
愛情深く、しかし子供の自主性も尊重してくれる、尊敬できる父、守りたくなる母。郊外の新興住宅地にある一軒家。ちょっとナマイキだけど可愛い妹。尊敬し合える親友。ちょっと手を焼く、でも気の合う女の子。時々派手にケンカするけど、心の底では「できれば仲良くなりたい」と思うクラスのいじめっこ。大人になったら結婚しようと心に決めた年上のお姉さん・・・。

そして少年の毎日は、好奇心と探究心にあふれ、研究と探検で大忙し。
そうした日々に突如訪れるペンギンをめぐる謎。≪海≫をめぐる謎。お姉さんをめぐる謎。

この、いかにも理系な少年には、森見さんのかけらがつまっているんだなぁと感じました。真面目でいながら年に似ず大人びたアオヤマ少年。彼は泣かないし、怒らない。常に答えを求めて突き進むのみ!
・・・でも、おっぱいが大好きなあたり、ちょっと気をつけないと、大学に入る頃、道を踏み外して森見さんの得意な大学生像になっちゃったらタイヘン。

アーサー・ランサムの世界に通じる香りを感じました(←私としては、児童文学的物語に対する最大級の賛辞のつもりです)。

なお、この本は、たこさんに出版前情報を教えて頂いたおかげで、図書館で1番か2番ぐらいで借りられたと思います(最初、勘違いして「ペンギン・パレード」とかってググってましたが)。
たこさん、ありがとうございました!^^


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 森見登美彦 
  1. 2010/07/08(木) 00:00:00|
  2. 2010
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/98-0579fdeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

さわやかでしたね~

夏雲と青い空が心に残る、今までのモリミワールドとはちと違う感じでしたが、
とても楽しんで読みました。
アオヤマ少年、今はかわいらしいけれど、まだまだ分からないぞぅ。
思春期をへて腐れ大学生になってしまうかも?
アーサー・ランサム、知識不足で知らないのですが、気になります。

出版前情報、お役に立ったようで嬉しいです ^^
新しいブログも、とてもステキなネーミングで良いですねえ。
お引っ越し、お疲れさまでした!
これからもまた、よろしくお願いいたしますね!
  1. 2010/08/02(月) 18:46:06 |
  2. URL |
  3. たこΩ #1wIl0x2Y
  4. [ 編集 ]

たこさん、

> アオヤマ少年、今はかわいらしいけれど、まだまだ分からないぞぅ。

本当にそうですねぇ(^0^)。気をつけて欲しいです。
逆に思えば、あの腐れ大学生たちにも、あんなふうに煌めく少年時代が
あったのでしょうか・・・(ちと想像難しくないですかっ)?

> アーサー・ランサム

私、昔はかなり長い間、英国児童文学にどっぷりつかっていた時期があるのです。
その頃のマイベストのひとつがアーサー・ランサムの「ツバメ号とアマゾン号」
に始まるシリーズでした。
最近読み返していませんが、素晴らしいです。
昨今は、英国モノも、ファンタジー系がメジャーですが、アーサー・ランサムの
シリーズは、もうひとつのイギリスらしさというか、イギリスは魔法の伝統もある
けど、海賊の伝統もあるんだよ、ということを思い出させてくれます。
・・・はっ、つい長くなりました。

「ペンギン」、早めに教えて頂けてとても助かりました♪
ありがとうございます。

こちらこそ、またよろしくお願いいたします<(_ _)>。
  1. 2010/08/02(月) 23:58:20 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #-
  4. [ 編集 ]

小学校高学年になって、少しずつ声変わりしてきたらしい甥がボーイソプラノを失う前に、妹宅へ行こうとしているので、ぜひ買って読んでから持って行って、妹に進呈してくるよ。
楽しみがひとつ増えた♪
  1. 2010/08/04(水) 08:35:31 |
  2. URL |
  3. しの #2nAugjbc
  4. [ 編集 ]

しのちゃん、

わーい、エクスペリアでの表示、改善されたんだね!
そうとなれば、画面が大きいだけ便利に見れるのかなぁ?
ともあれめでたい(^0^)/
甥御さん・・・って、あのかーいらしかったともクン?
それともそのお兄ちゃんかな?
そうか~、平安神宮近くの公園でちょこっとだけお会いしてからもう何年になるか・・・ぐぐ、早いのぅ。

「ペンギン」、面白いよ。お試しあれ♪
  1. 2010/08/05(木) 00:01:17 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #m7S/B2/E
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する