本と旅とそれから BOOKS PLUS

本と旅とそれから

初ものがたり/宮部みゆき

こちらも久々の宮部みゆき作品。
雰囲気がよい~。安らぐ…なんとなく。

岡っ引き・回向院の茂七親分を主人公に、子分の下っ引きたちや、正体不明の屋台の親父などを共通キャラとした捕物短編集。それぞれの物語に、鰹や白魚や菜の花や柿など、季節の初ものがモチーフになっています。

►Click to Read More

tag: 宮部みゆき 
  1. 2019/09/24(火) 22:00:00|
  2. 2019
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北の狩人/大沢在昌

久しぶりの大沢在昌さん。楽しめました。
この作品も新宿が舞台ということで、新宿鮫シリーズと同じ世界観、いや世界感。
というか、何か、匂いのようなものが同じ~。それが何となく心地よい。

►Click to Read More

tag: 大沢在昌 
  1. 2019/09/21(土) 22:00:00|
  2. 2019
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BT’63/池井戸潤

2003年初出の、池井戸さんとしては比較的初期の作品。
この本、以前一度借りてきて、冒頭を少しだけ読んだもののなぜか続かず一度返却し、今回はそのことをすっかり忘れていてまた借りてきたものです。今回は読み終えました。

►Click to Read More

tag: 池井戸潤 
  1. 2019/09/18(水) 22:00:00|
  2. 2019
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かがみの孤城/辻村深月

う~ん、よかった。特にラストが好きでした。
昨年の本屋大賞受賞作。受賞が報じられた時から読みたいと思っていて、予約して一度借り、途中で期限が来て返却してまた予約して借りて、今回読了。最近このパターンが多いような。興味を持って借りた話題作が、手元に来てみたらかなり長編だったということがしばしばなんですね。

►Click to Read More

tag: 辻村深月 
  1. 2019/09/15(日) 22:00:00|
  2. 2019
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

君は永遠にそいつらより若い/津村記久子

津村さんのデビュー作だそうです。
太宰治賞受賞作で、当初のタイトルは「マンイーター」。
それって、「人を喰らう者」?すごいタイトルだ…。

►Click to Read More

tag: 津村記久子 
  1. 2019/06/12(水) 22:00:00|
  2. 2019
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0