本と旅とそれから 2006

本と旅とそれから

近頃こんな本を


お菓子な話は抜きにして、これからは本の話は本の話で、もうちょっと真面目に(いえ、これまでだってそのつもりでしたけど)書いてみよっかなぁ~・・・なんて思ったり。
読書感想文はとーっても苦手な私なのですが・・・まあ、学校の宿題じゃないし。論旨まったく不明瞭、かつ支離滅裂になるのはあらかじめお許し願うと致しまして。

では、まず。

ケッヘル〈上〉〈下〉
中山 可穂 / 文藝春秋

中山可穂さんの本は、これが初めて。
とにかく、圧倒されるような「激しさ」に満ちた小説だった、という印象です。
恋愛、芸術、怨念・・・。何と言うか、氷のすぐ隣りで炎が燃え盛っているような。
ぐいぐいと一気に引っ張られるように最後まで読んでしまいましたーー最後まで見届けずにはやめられるものではない、というストーリーですので。
ただ、私としては、感情移入がいまひとつできなかったかなというところです。激しすぎる。そういう意味でも、私ってホントにlazy。

読みながら、これまでに読んだことのある他の作品があれこれ頭に浮かびました。とりとめないですが・・・「砂の器(松本清張)」とか、「ハルモニア(篠田節子)」とか、「アナン(飯田 譲治&梓 河人)」とか。「嵐が丘(エミリ・ブロンテ)」なんてのまでよぎりましたよ。「アナン」はちょっと違う気がしますが、後はどれも、全編に悲劇の予感の漂う作品。

いずれにしても、とっても読み応えのある作品でした。正直なところ、「好きな」作品とは言えないかも知れません。が、読んで後悔はなし。紹介して下さったtmk_hysさん、ありがとうございました!

それから、

今はもうない―SWITCH BACK
森 博嗣 / 講談社

yurinippoさんのところですでにちょっとお喋りしちゃいましたが、図書館で予約を入れてある「すべてがFになる(森博嗣) 」がしばらく回って来そうにないので、書棚に並んでいた森さんの本からテキトーにピックアップして借りて来てしまったもの。
(今、あちこちのBOOKレビューをふら~っと見てきましたけど、「シリーズ1作目から読みましょう」とあるのが多かった・・・(^^;)

読んでみたらシリーズ第8作目とかいうことで、「すでにお馴染みの」て感じで、探偵役(たぶん)兼狂言回しの犀川先生&萌絵お嬢様というコンビが登場し、台風で外界と遮断されたお屋敷、という、「また出た~」みたいな舞台設定の下に展開するミステリー。
私はこの「外の世界と隔絶された空間」のお話って結構好き。京極堂シリーズで「鉄鼠の檻」が目下一番好きなのも、そのせいもあるんです。「そして誰もいなくなった」とか。「シャム双生児の謎」とかも(いきなりクラシック)。横溝正史ものもそうですよねぇ~。
でもって、ぞくっと怖い「数え歌」だの、「得体の知れない生き物」なんて出て来た日には、間違いなくお気に入り!なんですけどね。
・・・出て来ません、「今はもうない」には。

ミステリーとしてはちょっと退屈じゃないかしら。サイドストーリーの方が面白いです。
かなり常人離れしたふうの犀川教授(助教授だったかな?)、現段階ではちょっと気に入ってます。どっかズレた感じの二人の会話が良いのかな。
森博嗣さんは、もうしばらく読む予定。もしかすると、ハマるかも。

tag: 
  1. 2006/11/07(火) 21:18:00|
  2. 2006
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

コーヒーブレイク with books(10月②) ~シリーズ本のこと


これって、何をやってるかといえば、「最近私、こんな本を読みました」+「最近私、こんなおやつ食べました」をネタにしたダベリですね・・・。おやつの方は、おまけの画像と思ってるんですけど、最近は段々幅を利かせてきてるかしら・・・。お付合い下さる方、本当に感謝してます。

     ▼LENOTREのシューケット            ▼叶匠壽庵のくりきんとん

シューケット、パリのボンマルシェで買ったのがすっごく美味しくて、いきなりファンになりました。日本では売ってないのかなーと思っていたら、LENOTREで見かけたので即、買い。ボンマルシェのの方が小さくて、カリッとしてて好みでしたが、こちらもまあ美味しかったです。
叶匠壽庵のくりきんとん、京都の老舗のお菓子は上品な味。割と淡白な、「この味がわかんなきゃ、栗が好きとは言わせまへんえ(京都弁、ヘンですか?)」みたいな味。


さて、前回のcoffee break以降、結構頑張って読んだ気がしていたのですが、振り返ってみると、それほどでもなかったようです。

►Click to Read More

tag: 
  1. 2006/10/22(日) 22:16:00|
  2. 2006
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

コーヒーブレイク with books(10月) ~ミステリーですよ


▼ヘンなアップになっちゃって・・・
ケチな私が年会費を払うわけなぞないのに、そうとは知らないJCBカードから、ゴールド会員向け月刊誌の見本が送られて来ました。
特集のひとつが、「私がイチ押しのミステリー」。会員対象のアンケート結果記事です。

►Click to Read More

tag: 
  1. 2006/10/04(水) 19:57:00|
  2. 2006
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コーヒーブレイク with books(8月) ~待ち本来る


ホントはもう9月ですけど。部屋のカレンダーはモン・サン・ミッシェル(MSM)。
えっと思うくらい、朝はひんやりする風が吹くようになりましたが・・・。
こうして「私のパリ」はどんどん遠ざかっていくのね。ぐっすん。
ま、いいや(その程度か?)。

今回のお菓子は、旅行土産ばっかり。
パンはとんでもなく固かったけど・・・クッキー(▲)も結構タフ。あんまり甘くもない・・・。うーん、もしかして、ポワラーヌと私の間には、思想の違いがあるのでは・・・(大げさ)。

さて、やっと。ずい分長いこと待たされていた本がやって来ました。

►Click to Read More

tag: 
  1. 2006/09/02(土) 21:05:00|
  2. 2006
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

コーヒーブレイク with books ~怖い本のこと


いつになったら梅雨は終わるのでしょう?別に暑いのが好きというわけじゃありませんけど、こう雨が続くと・・・。豪雨の被害も段々ひどくなるし。季節感が出ないとか文句言ってる場合じゃないわ。

さて。
そういうことを言う一方で、夏めいたお菓子の宣伝チラシが見つかったりしようものなら、とっとこ買いに行く。
駅前の不二家~。ペコちゃんが出迎えてくれるお店でございます。
実に日常的なお値段で(しかもチラシで割引よっ)。
マンゴープリン、美味しい♪

►Click to Read More

tag: 
  1. 2006/07/23(日) 23:14:00|
  2. 2006
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14