本と旅とそれから

本と旅とそれから

何者/朝井リョウ


「チア男子!!」(感想は►コチラ)で初めて読んだ朝井リョウさんの、本書は直木賞受賞作。
それにしても、初めての作家さんと遭遇するときの作品が、その作家さんのどの作品かというのは、とても大事なことですねー。例えば三浦しをんさんだって、最初に読んだのが「光」(感想は►コチラ)とかだったら、私はその他の楽しい三浦作品を読まずにきてしまったかも知れません。

►Click to Read More

tag: 朝井リョウ 
  1. 2017/05/24(水) 22:00:01|
  2. 2017
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルーズヴェルト・ゲーム/池井戸潤

まず間違いなく面白い、池井戸さんの一冊。
この小説はドラマ化されていますが、最終回のちょこっとを除けば、私は観ていません。
池井戸小説に野球?と思いましたが、ビジネスの話と実業団野球の話が上手く組み合わされていて、やっぱり面白かった。

►Click to Read More

tag: 池井戸潤 
  1. 2017/05/24(水) 22:00:00|
  2. 2017
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミュシャ展≪国立新美術館≫

ミュシャ展


先日、国立新美術館で開催中のミュシャ展に出掛けてきました。
混んでいるだろうとは思いましたが、やっぱり混んでいましたですよ^^;。
ちょうど、草間彌生さんの展覧会も同じ美術館で開催されていたのですが、かなり終わりに近かったこともあってか、こちらがすごい人出。入場券売り場は共通なので、もう、チケット買うまでかなり並ばされました。

►Click to Read More

tag: 
  1. 2017/05/19(金) 22:00:00|
  2. 遊ぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0